へびがモチーフのポケモン・技【ゲームポケモン】

モチーフ
スポンサーリンク

ポケモンの中には、蛇(へび)のような見た目をしたポケモンが多く存在します。

今回は、へび系のポケモンを紹介します。

へび系のポケモン

体が細長く、へびのような見た目をしたポケモンをここではへびポケモンと呼びます。

「へびにらみ」や「とぐろをまく」と技や特性「だっぴ」など、へびの特徴に合った能力を持っているほか、ドラゴンタイプの技を使えるポケモンも多いです。

 

へびポケモン

アーボ

名前アーボ
英語名Ekans
分類へびポケモン
タイプどく
特性いかく
だっぴ

(隠)きんちょうかん
  • 『赤・緑』で初登場したへびポケモン。名前の由来はボアを逆から読んだものと思われます。英語名のekansも、逆から読むとsnake[へび]になります。
  • 初代では、『赤』にしか出現しません。ガーディと対になっており、ガーディは『緑』のみ出現します。

 

アーボック

名前アーボ
英語名Arbok
分類コブラポケモン
タイプどく
特性いかく
だっぴ

(隠)きんちょうかん
  • アーボがレベル22で進化し、お腹に顔のような模様があります。英語名を逆から読むとkobra[コブラ]であり、まさにコブラポケモンです。(コブラの正しいスペルはcobra)
  • 初代では、『赤』にしか出現しません。

     

    イワーク

    名前イワーク
    英語名Onix
    分類いわへびポケモン
    タイプどく
    特性いしあたま
    がんじょう

    (隠)くだけるよろい
    • 『赤・緑』で初登場したイワーク。初代で最も大きいポケモンであり、多くの岩がつながってへびのような姿になっています。
    • 図鑑の説明では地中を時速80kmで移動すると言われています。

     

    ハガネール

    名前ハガネール
    英語名Steelix
    分類てつへびポケモン
    タイプはがね/じめん
    特性いしあたま
    がんじょう

    (隠)ちからずく
    • 『金・銀』で初登場したハガネール。イワークにメタルコートを持たせて通信交換すると、ハガネールに進化します。
    • オスとメスで、下あごのキバの数が違います。オスはキバが4本、メスはキバが2本です。


    オス


    メス

    ノコッチ

    名前ノコッチ
    英語名Dunsparce
    分類つちへびポケモン
    タイプノーマル
    特性てんのめぐみ
    にげあし

    (隠)びびり
    • 『金・銀』で初登場したノコッチ。ツチノコをモチーフにしたポケモンで、尻尾の先がドリルのようになっています。
    • 「てんのめぐみ」は、技の追加効果が発動する確率が2倍になる特性です。ノーマルタイプであり、様々な技を覚えるので、発動する機会は多いです。

     

    ハブネーク

    名前ハブネーク
    英語名Seviper
    分類キバへびポケモン
    タイプどく
    特性だっぴ
    (隠)すりぬけ
    • 『ルビー・サファイア』で初登場したハブネーク。由来は「ハブ+スネーク」と思われます。
    • 特性「すりぬけ」により、相手のみがわりを無視して技を当てることができ、「すりかえ」や「いのちがけ」を覚えるため、多彩な攻撃が可能です。
    • 『Newポケモンスナップ』では、海を泳ぐ姿を見ることができます。

     

    ツタージャ

    名前ツタージャ
    英語名Snivy
    分類くさへびポケモン
    タイプくさ
    特性しんりょく
    (隠)あまのじゃく
    • 『ブラック・ホワイト』の御三家ポケモンの1匹で、ポカブ、ミジュマルと比べると素早さが高いです。
    • シリーズ初の、くさタイプのへびポケモン。2足歩行できるのが特徴的です。

     

    ジャノビー

    名前ジャノビー
    英語名Servine
    分類くさへびポケモン
    タイプくさ
    特性しんりょく
    (隠)あまのじゃく
    • レベル17でツタージャから進化します。ツタージャと比べると、体は一回り大きくなりましたが、手足が小さくなっています。

       

      ジャローダ

      名前ジャローダ
      英語名Serperior
      分類ロイヤルポケモン
      タイプくさ
      特性しんりょく
      (隠)あまのじゃく
      • レベル36でジャノビーから進化します。最終進化で2足歩行はできなくなりました。
      • 特性のあまのじゃくは、自身の能力変化が下がるときは上がり、上がるときは下がるという効果です。これにより、「リーフストーム」を使うと本来は特攻が2段階ダウンしますが、特性で2段階アップするという強力な技になります。

       

      ジガルデ[50%フォルム]

      名前ジガルデ
      英語名Zygarde
      分類ちつじょポケモン
      タイプドラゴン/じめん
      特性オーラブレイク
      スワームチェンジ
      • 『X・Y』に登場する伝説のポケモン。ゼルネアスの[X]、イベルタルの[Y]に次ぐ、[Z]に相当するポケモンです。
      • 50%フォルムではへびのような姿ですが、10%フォルムでは犬のような姿、100%フォルムは巨人のような姿に変わります。

       

      スナヘビ

      名前スナヘビ
      英語名Silicobra
      分類すなへびポケモン
      タイプじめん
      特性すなはき
      だっぴ

      (隠)すながくれ
      • 『ソード・シールド』で初登場したスナヘビ。「砂」に棲む「へび」でスナヘビです。
      • 特性の「すなはき」は、攻撃を受けると場を砂嵐状態にする、天候系の特性の中でも珍しい効果です。

       

      サダイジャ

      名前サダイジャ
      英語名Sandaconda
      分類すなへびポケモン
      タイプじめん
      特性すなはき
      だっぴ

      (隠)すながくれ
      • スナヘビがレベル36で進化します。全長は3.8mあり、体を伸ばすと実はとても長いです。
      • キョダイマックスの姿になると、尻尾で立ち上がり、体の周囲に砂をまとった姿になります。

      キョダイマックス

       

      へびポケモンの技

      へびにらみ

      命中100、PP30のノーマルタイプの変化技です。相手をまひにする効果があります。

      同じ効果の「でんじは」は命中が90であり、命中で優れています。さらに、「でんじは」は電気技のため地面タイプには無効ですが、「へびにらみ」は地面タイプもまひにできるという点で優秀です。

       

      とぐろをまく

      PP20、どくタイプの変化技で、自身の攻撃・防御・命中率を1段階アップします。

      3つの能力を同時に上げられる優秀な技です。命中率を上げる技で実用的なものは少ないため、へび系ポケモンの利点と言えます。

       

      タイトルとURLをコピーしました