PR

【赤緑からSVまで】歴代の主人公【ゲームポケモン】

歴代〇〇
スポンサーリンク

『ポケットモンスター』シリーズでは、これまでに多くの主人公が登場してきました。

この記事では、歴代作品の主人公について紹介します。

はじめに

主人公の概要

『ポケットモンスター』シリーズは、プレイヤーが自分の分身である主人公となって冒険を進めていくゲームです。

主人公の名前はプレイヤーが自由に名前を決めることができ、作品の世代が進むにつれて性別や容姿、髪型、服装なども選べるようになっていきました。

 

名前について

デフォルト名やNPCとして登場した時の名前、公式PVなどから一般的に主人公の名前として定着しているものがあり、この記事ではそちらを主人公の名前として扱います。

また、歴代作品のキャラクターが登場するスマートフォンアプリ『ポケモンマスターズEX』では各作品の主人公も登場するため、そのときの名前も参考にしています。

 

赤・緑・青・ピカチュウ

レッド

名前について

主人公はレッド。『赤』で主人公の名前を入力するときに、選択肢の一番上にある名前です。同様に『緑』ではグリーン、『青』ではブルー、『ピカチュウ』ではイエローとなっています。

初代では作品により名前が変わりますが、後の作品では登場時の名前がレッドで統一されており、公式には「レッド」が初代主人公の名前とされています。

物語の概要

主人公はカントー地方のマサラタウンに住む少年であり、オーキド博士から最初のポケモンとポケモン図鑑を受け取り、図鑑の完成を託され冒険の旅に出ます。

各地のジムリーダーを倒して実力をつけていく中で、悪の組織ロケット団と幾度も戦うことになります。組織のボスを倒してロケット団を壊滅させ、ポケモンリーグを制覇することでエンディングを迎えます。

後の作品での登場

『金・銀・クリスタル』では「シロガネやま」の最奥で、最強のトレーナーとして登場します。

『ブラック2・ホワイト2』では、「ポケモンワールドトーナメント」に各地方のチャンピオンの1人として登場します。

『サン・ムーン』『ウルトラサン・ウルトラムーン』では「バトルツリー」というバトル施設で登場します。姿はこれまでよりもかなり大人っぽくなっています。

『Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』は『ピカチュウ』版のリメイク作品ですが、本作の主人公とは別にレッドが登場します。殿堂入り後にマスタートレーナーを6人倒すと、セキエイ高原のポケモンセンターの入り口にレッドが現れ、戦闘することができます。

 

レッド/リーフ

『赤・緑』のリメイク作品『ファイアレッド・リーフグリーン』では女の子の主人公も選べるようになりました。男の子がレッド、女の子がリーフです。

「リーフ」は名前入力時に空白で決定すると自動でつけられる名前の1つであり、後のフィギュア発売時や『ポケモンマスターズEX』でも「リーフ」と名付けられています。

 

カケル/アユミ

『ピカチュウ』版のリメイク作品『Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』の主人公は男の子がカケル、女の子がアユミです。(公式PVや体験版の名前から)

 

金・銀・クリスタル

ゴールド/クリス

名前について

『金・銀』までは男の子のみでしたが、『クリスタル』では女の子も選べるようになりました。主人公の男の子はゴールド、女の子はクリス

ゴールドは『金』でのデフォルト名です。『銀』でのデフォルト名はシルバー、『クリスタル』のデフォルト名はクリスです。

女の子が追加されたのが『クリスタル』であるため、この作品の女性主人公の名前として「クリス」が定着しています。

物語の概要

ジョウト地方のワカバタウンに住んでおり、近所に住むウツギ博士からお使いを頼まれたことをきっかけに、ジョウト地方をめぐる冒険の旅に出ます。

本作は『赤・緑』の3年後が舞台です。ポケモンリーグを制覇するとカントー地方にも行けるようになり、カントー地方のジムも制覇すると、シロガネ山で前作主人公のレッドと戦うことができます。

 

ヒビキ/コトネ

『金・銀』のリメイク作品『ハートゴールド・ソウルシルバー』の主人公は男の子がヒビキ、女の子がコトネです。

今作では、主人公に選ばなかった方のキャラクターが幼馴染として登場し、冒険のサポートをしてくれます。この時の名前がヒビキ(男の子)、コトネ(女の子)となっています。

『ポケモンマスターズEX』では、クリスとコトネは別人として登場します。

 

ルビー・サファイア・エメラルド

ユウキ/ハルカ

『ルビー・サファイア』版
『エメラルド』版
名前について

『ルビー・サファイア・エメラルド』とリメイク版の『オメガルビー・アルファサファイア』では、主人公の男の子の名前はユウキ、女の子の名前はハルカです。

主人公に選ばれなかった方のキャラクターはオダマキ博士の子供として登場し、冒険の時々で主人公をサポートしてくれます。この時の名前がユウキ(男の子)、ハルカ(女の子)となっています。

物語の概要

主人公がホウエン地方のミシロタウンに引っ越してきたところから物語が始まります。引っ越し初日にオダマキ博士と出会い、冒険の旅に出ることになります。

各地のジムをめぐる中でアクア団とマグマ団の抗争に巻き込まれ、ホウエン地方を襲う災害に立ち向かうことになります。

リメイク版では

リメイク版の『オメガルビー・アルファサファイア』でも、主人公の名前はユウキとハルカになっています。

 

ダイヤモンド・パール

コウキ/ヒカリ

『ダイヤモンド・パール』版
『プラチナ』版
名前について

『ダイヤモンド・パール・プラチナ』とリメイク版の『ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』では、主人公の男の子の名前はコウキ、女の子の名前はヒカリです。

主人公に選ばれなかった方のキャラクターはナナカマド博士の助手として登場し、先輩トレーナーとして主人公をサポートしてくれます。この時の名前がコウキ(男の子)、ヒカリ(女の子)となっています。

物語の概要

主人公はシンオウ地方のフタバタウンに住んでいます。『ダイヤモンド・パール』と『プラチナ』では若干経緯が違いますが、ナナカマド博士からポケモンとポケモン図鑑を譲り受けて旅に出ます。

冒険を進める中でギンガ団と出会い、彼らの野望を阻止するため、時間・空間を司る伝説のポケモンと対峙することになります。

リメイク版では

リメイク版の『ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』では「男の子」「女の子」という表現は無くなり、選択肢の中から好きな見た目を選べるようになりました。

また、ゲーム内で服(上下セット)を買うこともでき、衣装を変えることができます。衣装によっては髪型も変わります。

スポンサーリンク

ブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2

トウヤ/トウコ

名前について

『ブラック・ホワイト』の主人公は、男の子の名前はトウヤ、女の子の名前はトウコです。

主人公として選ばなかった方のキャラクターは、対戦施設「バトルサブウェイ」での、タッグバトルで助っ人として現れます。この時の名前がトウヤ(男の子)、トウコ(女の子)となっています。

物語の概要

主人公はイッシュ地方のカノコタウンに住んでおり、アララギ博士からポケモンとポケモン図鑑を受け取り、図鑑の完成を目指す旅に出ます。

旅の途中で「ポケモンの人間からの解放」を目指すプラズマ団と出会いますが、やがて彼らの本当の目的が「世界征服」であると知り、人とポケモンを守るために戦うことになります。

 

キョウヘイ/メイ

名前について

『ブラック2・ホワイト2』の主人公は、男の子の名前はキョウヘイ、女の子の名前はメイです。

主人公として選ばなかった方のキャラクターは、対戦施設「バトルサブウェイ」での、タッグバトルで助っ人として現れます。この時の名前がキョウヘイ(男の子)、メイ(女の子)となっています。

物語の概要

主人公はイッシュ地方のヒオウギシティに住んでいます。アララギ博士の助手であるベルからポケモンとポケモン図鑑を受け取り、図鑑の完成を目指す旅に出ます。

本作は『ブラック・ホワイト』の2年後のイッシュ地方が舞台です。前作で解散したはずのプラズマ団が復活しており、主人公の冒険に深く関わっていくことになります。

 

X・Y

カルム/セレナ

名前と見た目

『X・Y』の主人公は、男の子の名前はカルム、女の子の名前はセレナです。

見た目の雰囲気はそれぞれ3種類から選ぶことができ、ゲーム内のブティックで服を購入して着せ替えもできます。

主人公として選ばなかった方のキャラクターは、ライバルとして登場します。この時の名前がカルム(男の子)、セレナ(女の子)となっています。

物語の概要

主人公はカロス地方のアサメタウンに引っ越してきたばかり。プラターヌ博士から最初のポケモンとポケモン図鑑を託され、図鑑の完成を目指す旅に出ます。

旅をする中で、主人公はカロス地方で暗躍するフレア団という組織と出会います。物語の終盤でフレア団の真の目的が「美しい世界のために人間とポケモンを消し去ること」だと知った主人公は、彼らの野望を阻止するために立ち向かいます。

 

サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン

ヨウ/ミヅキ

名前と見た目

『サン・ムーン』の主人公は、男の子の名前はヨウ、女の子の名前はミヅキです。

見た目は合計8種類から選ぶことができ、ゲーム内のブティックで服を購入して着せ替えもできます。また、女の子は髪型を変えることもできます。

PVなどではサン/ムーンと名付けられていましたが、別の映像で登場したヨウ/ミヅキという名前の方がしんとしており、『ポケモンマスターズEX』でもヨウ/ミヅキが公式の名前となっています。

物語の概要

アローラ地方のメレメレ島に引っ越してきたところから物語が始まり、しまキングのハラからポケモンをもらって島めぐりの旅に出ることになります。

島めぐりの中で、ならず者集団「スカル団」や彼らの裏で暗躍するポケモンの保護団体「エーテル財団」の企みを知り、その計画を阻止するため奔走することになります。

 

コウタ/コウミ

名前と見た目

『ウルトラサン・ウルトラムーン』の主人公は、男の子の名前はコウタ、女の子の名前はコウミです。『サン・ムーン』の主人公とは見た目が変わっており、こちらも着せ替えや髪型の変更などができます。

公式の動画では男の子はコウタ、女の子はコウミという名前がつけられており、『サン・ムーン』の主人公とは別人という見方が強いです。

物語の概要

今作ではククイ博士からポケモンをもらって島めぐりの旅に出ます。今作は『サン・ムーン』のマイナーチェンジ版であり、前作と異なる点はありますが大まかな流れは同じです。

大きな変化で言うと、今作では伝説のポケモン「ネクロズマ」に焦点を当てたストーリーになっていたり、歴代の悪の組織のトップを擁したレインボーロケット団が現れるなどがあります。

スポンサーリンク

ソード・シールド

マサル/ユウリ

名前と見た目

『ソード・シールド』の主人公は、男の子の名前はマサル、女の子の名前はユウリです。

見た目は合計8種類から選ぶことができ、ブティックで服を購入して着せ替えをしたり、ヘアサロンで髪型やメイクを変えることができます。

公式PVなどでは男の子はマサル、女の子はユウリという名前がつけられています。

物語の概要

主人公はガラル地方のハロンタウンに住んでいます。ダンデからポケモンを受け取り、ジムチャレンジを進めてバッジを集めてチャンピオンカップと呼ばれるトーナメントへの出場を目指します。

また、DLC『鎧の孤島』ではヨロイ島で修行に明け暮れ、『冠の雪原』ではカンムリ雪原に伝わる伝説を解き明かしていきます。

  道着(ヨロイ島)  

探検服(カンムリ雪原)

 

レジェンズアルセウス

テル/ショウ

名前と見た目

『レジェンズアルセウス』の主人公は、男の子の名前はテル、女の子の名前はショウです。

見た目の雰囲気は合計8種類から選ぶことができ、呉服屋で服を購入して着せ替えをしたり、散髪屋で髪型や髪色などを変えることができます。

男の子の主人公を選ぶと女の子のショウ、女の子の主人公を選ぶと男の子のテルがライバルになります。調査隊の先輩であり、主人公にポケモン調査の方法や進め方をレクチャーしてくれます。

物語の概要

主人公は謎の声に導かれ、時空の裂け目からヒスイ地方の浜辺に落ちてきます。そこでラベン博士に出会ってコトブキムラに招かれ、ギンガ団の一員となってポケモンの調査をすることになります。

「まだ人とポケモンが共に暮らす方法を知らなかった時代」の物語であり、ポケモンの生態を知るために野生ポケモンの捕獲を行うのが大きな目的となっています。

 

スカーレット・バイオレット

ハルト/アオイ

『スカーレット』版『バイオレット』版
名前と見た目

『スカーレット・バイオレット』の主人公は、男の子の名前はハルト、女の子の名前はアオイです。(公式のPVから)

バージョンによって学園の制服のカラーが異なりますが、服装は男女で違いはありません。ブティックでは帽子や靴などが購入でき、ヘアサロンでは髪型や髪色を変えることもできます。

また、目つきや口元など、顔のキャラメイクが細かく変えられるようになっています。

物語の概要

主人公は全寮制のアカデミーに通う為にパルデア地方へ引っ越して来た編入生です。クラベル校長から最初のポケモンを受け取り、課題授業として「自分だけの宝探し」のためにパルデア地方をめぐる旅に出ます。

本作は従来のように決められた順序のストーリーが無く、以下の3つのストーリーを自由に進めることができます。

  • 8つのジムを制覇する『チャンピオンロード』
  • ヌシポケモンの持つ食材を探す『レジェンドルート』
  • スター団に挑む『スターダスト★ストリート』
歴代○○

タイトルとURLをコピーしました