オスメスの性別で姿の違うポケモン【画像有り】

ポケモンその他
スポンサーリンク

多くのポケモンには性別がありますが、性別によって見た目に違いがあることがあります。

今回は、オスとメスで姿の違うポケモンを画像付きで紹介します。

性別で別種となっているポケモン

ニドラン♂、ニドラン♀はそれぞれが別の種類のポケモンとして図鑑に登録されており、同じポケモンの性別違いという風にはなっていません。

性別で姿が違うポケモン

全国図鑑の番号順に、性別によって姿が違うポケモンを紹介していきます。前の画像がオス後の画像がメスという順で並べていきます。画像は、ソード・シールドのポケモン図鑑や、ポケモンHOMEの図鑑を参考にしています。

カントー地方(赤・緑・青・ピカチュウ)

No.003 フシギバナ

フシギバナは、背中の花の中心部の形が違います。中心に突起があるのがメスです。

No.012 バタフリー

バタフリーは、下側の羽根の模様が違います。大きく黒い部分があるのがメスです。

No.019 コラッタ

コラッタは、ひげの長さが違います。ひげが長い方がオス、短い方がメスです。

No.020 ラッタ

ラッタもコラッタと同じく、ひげの長さが長い方がオス、短い方がメスです。

No.025 ピカチュウ

ピカチュウは、尻尾の先の形が違います。先が割れてハート形のように見えるのがメスです。

No.026 ライチュウ

ライチュウもピカチュウと同じく、尻尾の先の形が違います。オスは先がとがっていますが、メスは先端のとがりがありません。

No.041 ズバット

ズバットはわかりにくいですが、キバの長さに違いがあります。キバが長い方がオス、キバが短い方がメスです。

No.042 ゴルバット

ゴルバットもズバットと同じく、キバの長さが違います。キバが長い方がオス、キバが短い方がメスです。

No.044 クサイハナ

クサイハナは、花の模様が違います。オスは小さい斑点、メスは大きい斑点になっています。

No.045 ラフレシア

ラフレシアもクサイハナと同じく、花の模様が違います。オスは小さい斑点、メスは大きい斑点です。

No.064 ユンゲラー

ユンゲラーは、ひげの長さが違います。ひげが長い方がオス、ひげが短い方がメスです。

No.065 フーディン

フーディンもユンゲラーと同じく、ひげの長さが違います。ひげが長い方がオス、ひげが短い方がメスです。

No.084 ドードー

ドードーは、首の色が違います。首が黒いのがオス、黒くないほうがメスです。

No.085 ドードリオ

ドードリオもドードーと同じく、首の色が違います。首が黒いのがオス、黒くないほうがメスです。

No.097 スリーパー

スリーパーは、たてがみの長さが違います。オスの方がたてがみが短く、メスの方が長いです。

No.111 サイホーン

サイホーンは、ツノの長さに違いがあります。オスの方がツノが長く、メスはツノが短いです。

No.112 サイドン

サイドンもサイホーンと同じく、ツノの長さに違いがあります。オスの方がツノが長く、メスはツノが短いです。

No.118 トサキント

トサキントは、ツノの長さに違いがあります。オスの方がツノが長く、メスはツノが短いです。

No.119 アズマオウ

アズマオウもトサキントと同じく、ツノの長さが違い、オスの方がツノが長く、メスはツノが短いです。

  

No.123 ストライク

ストライクは、胴体の長さに違いがあります。胴体が短い方がオス、胴体が長い方がメスです。

No.129 コイキング

コイキングは、ひげの色が違います。オスはひげが金色、メスはひげが白色です。

No.130 ギャラドス

ギャラドスも、ひげの色が違います。オスはひげが青色、メスはひげが白色です。

No.133 イーブイ

イーブイは、尻尾の先の模様が異なります。オスはギザギザ、メスはハート形のように見えます。

ジョウト地方(金・銀・クリスタル)

No.154 メガニウム

メガニウムは、触角の長さが違います。オスの方が触覚が長く、メスの方は触覚が短いです。

No.165 レディバ

レディバは、触角の長さが違います。オスの方が触覚が長く、メスの方は触覚が短いです。

No.166 レディアン

レディアンも、触角の長さが違います。オスの方が触覚が長く、メスの方は触覚が短いです。

No.178 ネイティオ

ネイティオは、腰の部分の線の数が違います。オスは線が3本、メスは線が2本です。

No.185 ウソッキー

ウソッキーは、頭のツノ(突起)部分の大きさが違います。大きい方がオス、小さい方がメスです。

No.186 ニョロトノ

ニョロトノは、ほっぺの赤丸の大きさが違います。大きい方がオス、小さい方がメスです。

No.190 エイパム

エイパムは、頭頂部の毛の長さが違います。オスは短く、メスは長いです。

No.194 ウパー

ウパーは、エラの形が異なります。オスは2本、メスは1本となっています。

No.195 ヌオー

ヌオーは、背びれの大きさに違いがあります。背びれが大きい方がオス、背びれが小さい方がメスです。

No.198 ヤミカラス

ヤミカラスは、頭部の帽子のような部分の大きさが違います。オスは大きく、メスは小さいです。

No.202 ソーナンス

ソーナンスは、口紅の有無で違いがあります。オスには口紅がないですが、メスにはあります。

No.203 キリンリキ

キリンリキは、体色で黄色と黒の割合が違います。オスはメスよりも、黄色い部分が多いです。

No.207 グライガー

グライガーは、尻尾の大きさが違います。オスの方が大きく、メスの方が小さいです。

No.208 ハガネール

ハガネールは、下あごのキバの数が違います。オスはキバが4本、メスはキバが2本です。

No.212 ハッサム

ハッサムは、胴体の長さに違いがあります。胴体が短い方がオス、胴体が長い方がメスです。

No.214 ヘラクロス

ヘラクロスは、ツノの形が違います。オスのツノはとがっていますが、メスのツノはハート形のようになっています。

No.215 ニューラ

ニューラは、頭飾りの大きさが違います。大きい方がオス、小さい方がメスです。

No.217 リングマ

リングマは、わかりにくいですが、肩まわりの形に違いがあります。オスはメスよりも、微妙に小さいです。肘までの長さを見比べると分かるかと思います。

No.221 イノムー

イノムーは、キバの大きさが違います。オスはキバが大きく、メスはキバが小さいです。

No.224 オクタン

オクタンは、吸盤の大きさが違います。オスは吸盤が大きく、メスは吸盤が小さいです。

No.229 ヘルガー

ヘルガーはツノの大きさが違います。オスの方がツノが大きく、メスの方がツノが小さいです。

No.232 ドンファン

ドンファンは、ツノの長さが違います。オスの方がツノが大きく、メスの方がツノが小さいです。

ホウエン地方(ルビー・サファイア・エメラルド)

No.255 アチャモ

アチャモは、正面から見たらわかりませんが、お尻にほくろが有るか無いかで、性別の違いがあります。お尻に点がある方がオス、ないのがメスです。

No.256 ワカシャモ

ワカシャモは、トサカの大きさが違います。オスの方がトサカが大きく、メスの方はトサカが小さいです。

No.257 バシャーモ

バシャーモは、トサカ(頭部の羽毛)の大きさが違います。オスの方がトサカが大きく、メスの方はトサカが小さいです。

No.267 アゲハント

アゲハントは、、羽の上部の赤い部分の模様が違います。オスは赤い部分が大きく、メスは赤い部分が小さいです。

No.269 ドクケイル

ドクケイルは、触角の長さが違います。オスの方が触覚が長く、メスの方が触覚が短いです。

No.272 ルンパッパ

ルンパッパは、胴体の縞模様の太さが違います。オスの方が縞模様が太く、メスは縞模様が細いです。

No.274 コノハナ

コノハナは、頭の葉っぱの長さが違います。葉っぱが長い方がオス、葉っぱが短い方がメスです。

No.275 ダーテング

ダーテングは、手の葉っぱの大きさが違います。葉っぱが大きい方がオス、葉っぱが小さい方がメスです。

No.307 アサナン

アサナンは、顔の横の、耳のような部分の位置が違います。目の高さより上にあるのがオス、目の高さと同じくらいにあるのがメスです。

No.308 チャーレム

チャーレムは、頭頂部の大きさが違います。大きい方がオス、小さい方がメスです。

No.315 ロゼリア

ロゼリアは、マントのような部分の長さが違います。前側が短い方がオス、前側が長い方がメスです。

No.316 ゴクリン

ゴクリンは、頭のツノのような部分の大きさが違います。大きい方がオス、小さい方がメスです。

No.317 マルノーム

マルノームは、ヒゲの長さが違います。ヒゲが長い方がオス、ヒゲが短い方がメスです。

No.322 ドンメル

ドンメルは、こぶの大きさが違います。こぶが小さい方がオス、こぶが大きい方がメスです。

No.323 バクーダ

バクーダは、ドンメルよりもわかりにくいですが、こぶの大きさが違います。こぶが小さい方がオス、こぶが大きい方がメスです。

No.332 ノクタス

ノクタスは、胴体の模様が違います。おなかの部分が小さいダイヤ形なのがオス、大きいダイヤ形がメスです。

No.350 ミロカロス

ミロカロスは、眉のひれの長さが違います。オスの方が短く、メスの方が長いです。

No.369 ジーランス

ジーランスは、アゴの横骨の長さが違います。オスの方が長く、メスの方が短いです。

シンオウ地方(ダイヤモンド・パール・プラチナ)

No.396 ムックル

ムックルは、額の模様が違います。オスは額の白い部分が大きく、メスはオスよりも白い部分が小さいです。

No.397 ムクバード

ムクバードも、ムックルと同じく額の模様が違います。オスは額の灰色の部分が大きく、メスはオスよりも灰色の部分が小さいです。

No.398 ムクホーク

ムクホークも、ムックルと同じく額の模様が違います。オスは額の白色の部分がやや大きく、メスはオスよりも白色の部分が小さいです。

No.399 ビッパ

ビッパは、尻尾の形が違います。オスは丸い部分が5個ありますが、メスは丸い部分が3個です。

No.400 ビーダル

ビーダルは、鼻の横の模様が違います。オスは鼻の横に白い部分がありますが、メスにはありません。

No.401 コロボーシ

コロボーシは、襟のように見える部分の大きさが違います。オスは襟が小さく、メスは襟が大きいです。

No.402 コロトック

コロトックは、ヒゲの長さが違います。オスの方がヒゲが長く、メスの方がヒゲが短いです。

No.403 コリンク

コリンクは、頭頂部のたてがみの長さが違います。オスの方がたてがみが長く、メスの方がたてがみが短いです。

No.404 ルクシオ

コリンクも、ルクシオと同じく、頭頂部のたてがみの長さが違います。オスの方がたてがみが長く、メスの方がたてがみが短いです。

No.405 レントラー

レントラーは、たてがみ全体の長さが違います。オスの方がたてがみが長く、メスの方がたてがみが短いです。

No.407 ロズレイド

ロズレイドは、マントのように見える部分の長さが違います。オスの方がマントが短く、メスの方がマントが長いです。

No.415 ミツハニー

ミツハニーは、下の顔の模様が違います。オスは模様無しですが、メスは額に模様があります。

No.417 パチリス

パチリスは、頭の縞の長さが違います。オスは額のところまで縞がありますが、メスは額の上の部分までしか縞がありません。

No.418 ブイゼル

ブイゼルは、背中の模様が違います。白い部分が2本あるのがオス、白い部分が1本なのがメスです。

No.419 フローゼル

フローゼルも、ブイゼルと同じく、背中の模様が違います。白い部分が2本あるのがオス、白い部分が1本なのがメスです。

No.424 エテボース

エテボースは、頭頂部の毛の長さが違います。オスは短く、メスは長いです。

No.443 フカマル

フカマルは、頭部のひれの形が違います。オスはひれに切れ込みがありますが、メスにはひれに切れ込みがありません。

No.444 ガバイト

ガバイトも、フカマルと同じく、背びれの形が違います。オスは背びれに切れ込みがありますが、メスには背びれに切れ込みがありません。

No.445 ガブリアス

ガブリアスも、フカマル、ガバイトと同じく、背びれの形が違います。オスは背びれに切れ込みがありますが、メスには背びれに切れ込みがありません。

No.449 ヒポポタス

ヒポポタスは、体色が違います。オスとメスで、茶色とベージュの配色がオスと逆になっています。

No.450 カバルドン

カバルドンは、体色が違います。オスは黄土色、メスは灰色がメインになっています。

No.453 グレッグル

グレッグルは、お腹の模様の位置微妙に違います。オスの方がやや下、メスの方がやや上にあります。

No.454 ドクロッグ

ドクロッグは、のど袋の大きさが違います。オスの方がのど袋が大きく、メスの方が小さいです。

No.456 ケイコウオ

ケイコウオは、尾びれの形が違います。尾びれの下部分が小さい方がオス、大きい方がメスです。

No.457 ネオラント

ネオラントは、下部の両サイドのひれの形が違います。小さい方がオス、大きい方がメスです。

No.459 ユキカブリ

ユキカブリは、腹部の色が違います。オスは茶色、メスは白色です。

No.460 ユキノオー

ユキノオーは、胸元の形が違います。小さい方がオス、大きい方がメスです。

No.461 マニューラ

マニューラは、顔の横にある羽飾りのような部分の長さが違います。大きい方がオス、小さい方がメスです。

No.464 ドサイドン

ドサイドンは、額のツノの長さが違います。オスの方がツノが長く、メスの方がツノが短いです。

No.465 モジャンボ

モジャンボは、指先の色が占める割合が違います。オスは赤い部分が少なく、メスは赤い部分が多いです。

No.473 マンムー

マンムーは、キバの長さが違います。オスの方がキバが長く、メスの方がキバが短いです。

イッシュ地方(ブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2)

No.521 ケンホロウ

ケンホロウは、オスとメスで完全に姿が違います。トサカがあって腹部が緑色なのがオス、トサカが無くて腹部が茶色なのがメスです。

No.592 プルリル

プルリルは、オスとメスで完全に姿が違います。水色がオス、ピンク色がメスです。

No.593 ブルンゲル

ブルンゲルは、オスとメスで完全に姿が違います。水色がオス、ピンク色がメスです。

カロス地方(X・Y)

No.668 カエンジシ

カエンジシは、オスとメスで完全に姿が違います。オスは顔の周りにたてがみがあり、メスは頭だけにたてがみがあります。

No.678 ニャオニクス

ニャオニクスは、オスとメスで完全に姿が違います。オスは青色がメインの体色、メスは白色がメインの体色です。覚える技や、隠れ特性も違います

オスの隠れ特性はいたずらごころ、メスの隠れ特性はかちきです。

ガラル地方(ソード・シールド)

No.876 イエッサン

イエッサンは、オスとメスで完全に姿が違います。オスは黒色の部分が大きく、メスは白色の部分が大きいです。覚える技や能力、特性も違います

性別の違いで能力に差はある?

『ポケットモンスター金・銀』時代では、能力の高さによって性別が決まっていましたが、それ以降の作品では、性別の違いで能力に差はありません

メガシンカやキョダイマックスで姿が変わった時はどうなる?

メガシンカやキョダイマックスにより、元の姿から変化した場合は、オスでもメスでも同じ姿になります。例えばメガギャラドスは、オスでもメスでも、ひげは白色です。

色違いはオスメスで違う姿になる?

色違いでもオスとメスの違いは存在します

例えば「色の違い」だけがオスメスの違いであるコイキングは、色違いでも同じ箇所にオスメスの違いが「色の違い」としてあります。

また、「形状の違い」や「模様の違い」がオスメスの違いであるポケモンは、色違いでも、同じ箇所が違いとしてあります。

タイトルとURLをコピーしました