キノコがモチーフのポケモン【ゲームポケモン】

モチーフ
スポンサーリンク

今回は、キノコがモチーフになっているポケモンを紹介します。

キノコがモチーフのポケモン

パラス

名前パラス
英語名Paras
分類きのこポケモン
タイプむし
くさ
特性ほうし
かんそうはだ
(隠)しめりけ

『赤・緑』(第1世代)で初登場したパラス。虫の体にキノコが寄生しているポケモンです。

穴を掘り木の根っこから栄養を取りますが、ほとんどは背中のキノコに奪われます。(『ピカチュウ』の図鑑説明より)

名前の由来はおそらく、「parasite(パラサイト:英語で寄生)」。

パラセクト

名前パラセクト
英語名Parasect
分類きのこポケモン
タイプむし
くさ
特性ほうし
かんそうはだ
(隠)しめりけ

パラスの進化系、パラセクト。背中のキノコは体を覆うほど大きくなり、目は精気が無くなって白目になっています。

ムシの方はほぼ死んでいて、本体は背中のキノコになっています。(『ウルトラサン』の図鑑説明より)

名前の由来はおそらく、「parasite + insect(インセクト:昆虫)」。

キノココ

名前キノココ
英語名Shroomish
分類きのこポケモン
タイプくさ
特性ほうし
ポイズンヒール

(隠)はやあし

『ルビー・サファイア』(第3世代)で初登場した、キノココ。キノコの笠部分に顔がある、二足歩行のポケモンです。

深い森の湿った地面に生息しており、落ち葉の下でじっとしていることが多いです。落ち葉が積もってできた腐葉土を食べます。(『ルビー』の図鑑説明より)

名前の由来はおそらく「キノコ + 子」。

キノガッサ

名前キノガッサ
英語名Breloom
分類きのこポケモン
タイプくさ
かくとう
特性ほうし
ポイズンヒール

(隠)テクニシャン

キノココの進化系、キノガッサ。見た目には短い腕ですが、戦闘時には伸び縮みして強力なパンチを繰り出します。

毒の胞子をばらまき、吸いこんで苦しむ相手に強烈なパンチをくらわせます。(『ハートゴールド・ソウルシルバー』の図鑑説明より)

名前の由来はおそらく「キノコ + 笠」。

タマゲタケ

名前タマゲタケ
英語名Foongus
分類きのこポケモン
タイプくさ
どく
特性ほうし
(隠)さいせいりょく

『ブラック・ホワイト』(第5世代)で初登場した、タマゲタケ。笠の模様がモンスターボールそっくりです。

モンスターボールによく似た模様の意味や理由はいまだにわかっていません。(『ソード』の図鑑説明より)

名前の由来はおそらく、「珠 + たまげる + 茸(たけ)」。

モロバレル

名前モロバレル
英語名Amoonguss
分類きのこポケモン
タイプくさ
どく
特性ほうし
(隠)さいせいりょく

タマゲタケの進化系、モロバレル。笠に加えて両手部分にもモンスターボール模様ができました。

モンスターボールのカサを見せつけ獲物をおびき寄せようとしますが、だまされるポケモンは少ないそうです。(『ホワイト』の図鑑説明より)

名前の由来はおそらく、「もろ(完全に) + バレる」。

ネマシュ

名前ネマシュ
英語名Morelull
分類はっこうポケモン
タイプくさ
フェアリー
特性はっこう
ほうし

(隠)あめうけざら

『サン・ムーン』(第7世代)で初登場した、ネマシュ。笠の部分や胞子が発光するポケモンです。

昼は寝ながら樹木の根から養分を吸い、夜に目覚め新たな樹木を探し歩きます。(『ムーン』の図鑑説明より)

名前の由来はおそらく、「寝ます + マッシュルーム」。

マシェード

名前マシェード
英語名Shiinotic
分類はっこうポケモン
タイプくさ
フェアリー
特性はっこう
ほうし

(隠)あめうけざら

ネマシュの進化系、マシェード。ネマシュに比べて笠の部分はかなり大きくなり、人型に近い見た目になりました。

点滅する胞子を吹き出し眠りに誘い、眠った獲物の精気を吸い取ります。(『ムーン』の図鑑説明より)

名前の由来はおそらく、「マッシュルーム + Shade(シェード:英語で影)」。

キノコポケモンの共通点

キノコポケモンに共通する特徴として、命中率100%で相手をねむりにする技「キノコのほうし」が使えます。

また、『サン・ムーン』まで、奇数世代ごとに新たなキノコポケモンが登場しています。

タイトルとURLをコピーしました