クモがモチーフのポケモン【ゲームポケモン】

モチーフ
スポンサーリンク

今回は、クモがモチーフになっているポケモンを紹介します。

クモがモチーフのポケモン

イトマル

名前イトマル
英語名Spinarak
分類いとはきポケモン
タイプむし
どく
特性むしのしらせ
ふみん
(隠)スナイパー

『金・銀』で初登場したイトマル。クモをモチーフにしたポケモンであり、背中にも顔のような模様があるのが特徴です。

獲物が近くを通りかかるまで、自分の巣で何日も同じ格好でじっと待ち続けます。(『金』の図鑑説明より)

名前の由来はおそらく、「糸 + 〇〇丸(名前)」。

アリアドス

名前アリアドス
英語名Ariados
分類あしながポケモン
タイプむし
どく
特性むしのしらせ
ふみん
(隠)スナイパー

イトマルが進化した、アリアドス。進化して体色が毒々しい派手なものになりました。

決まった場所に巣を作らず、あたりが暗くなってからエサを探し求めうろつきます。(『クリスタル』の図鑑説明より)

名前の由来はおそらく、「アリアドネ(ギリシャ神話の女神)」。

バチュル

名前バチュル
英語名Joltik
分類くっつきポケモン
タイプむし
でんき
特性ふくがん
きんちょうかん

(隠)むしのしらせ

『ブラック・ホワイト』で初登場した、バチュル。黄色いハエトリグモのような見た目をしており、高さは0.1mと非常に小さいです。

自分では電気を作れないので、他の大きなポケモンにとりつき静電気を吸いとるそうです。(『ブラック2・ホワイト2』の図鑑説明より)

名前の由来はおそらく「バチ(静電気の音) + タランチュラ」。

デンチュラ

名前デンチュラ
英語名Galvantula
分類でんきグモポケモン
タイプむし
でんき
特性ふくがん
きんちょうかん

(隠)むしのしらせ

バチュルの進化系、デンチュラ。高さは0.8mで、バチュルと比べるとかなり大きくなっており、足も長くなっています。

電気を帯びたお腹の毛を飛ばして攻撃し、毛が刺さると三日三晩全身が痺れるそうです。(『ソード』の図鑑説明より)

名前の由来はおそらく、「電池 + タランチュラ」。

シズクモ

名前シズクモ
英語名Dewpider
分類すいほうポケモン
タイプみず
むし
特性すいほう
(隠)ちょすい

『サン・ムーン』で初登場したシズクモ。ミズグモがモチーフと思われます。

普段は水の中で生活しており、エサを探しに陸に上がるときは水泡をかぶります。(『シールド』の図鑑説明より)

名前の由来はおそらく、「滴(しずく) + クモ」。

オニシズクモ

名前オニシズクモ
英語名Araquanid
分類すいほうポケモン
タイプみず
むし
特性すいほう
(隠)ちょすい

シズクモの進化系、オニシズクモ。進化前は足で頭の水泡を支えていましたが、進化して6本の足が自由になりました。

大事なものを水泡にしまう習性があり、注意しないとトレーナーもしまおうとしてくるそうです。怖いですね。(『ウルトラムーン』の図鑑説明より)

名前の由来はおそらく、「滴(しずく) + オニグモ」。

 

タイトルとURLをコピーしました