サルがモチーフのポケモン【ゲームポケモン】

モチーフ
スポンサーリンク

ポケモンには多くの種類がいますが、動物をモチーフにしたポケモンは数多くいます。

今回は、サルがモチーフになっているポケモンを紹介します。

サルがモチーフのポケモン

マンキー

名前マンキー
英語名Mankey
分類ぶたざるポケモン
タイプかくとう
特性やるき
いかりのつぼ
(隠)まけんき

身のこなしが 軽く 凶暴な 性格。怒って 暴れると 手が つけられなくなる。(『赤・緑』の図鑑より)

『赤・緑』で初登場したマンキー。『赤』でのみ出現します。

名前の由来はおそらく、英語で猿を意味する「monkey」。

 

オコリザル

名前オコリザル
英語名Primeape
分類ぶたざるポケモン
タイプかくとう
特性やるき
いかりのつぼ
(隠)まけんき

いつも 猛烈に 怒っており 逃げても 逃げても どこまでも 追いかけてくる。(『赤・緑』の図鑑より)

マンキーが進化した、オコリザル。マンキーより一回り大きくなり、手足の毛が抜けました。さらに鉄の輪のようなものが付いています。

名前の由来はおそらく、「怒り + 猿」。

 

エイパム

名前エイパム
英語名Aipom
分類おながポケモン
タイプノーマル
特性にげあし
ものひろい

(隠)スキルリンク

高い 木の上で 暮らしている。 枝から 枝へ 飛び移るとき 尻尾で 巧みに バランスをとる。(『銀』の図鑑より)

『金・銀』で初登場したエイパム。発達した尻尾があり、手のように扱うことができるポケモンです。

名前の由来はおそらく「ape (類人猿) + palm (手のひら)」。

 

エテボース

名前エテボース
英語名Ambipom
分類おながポケモン
タイプノーマル
特性にげあし
ものひろい

(隠)スキルリンク

2本に 分かれた しっぽは いろんなことが 器用に できるので ほとんど 手を 使わなくなった。(『プラチナ』の図鑑より)

エイパムがダブルアタックを覚えた状態でレベルアップすると、エテボースに進化します。尻尾が2本になり、より長く大きくなっています。

名前の由来はおそらく「エテ(猿) + both(両方)」。

 

ナマケロ

名前ナマケロ
英語名Slakoth
分類なまけものポケモン
タイプノーマル
特性なまけ

1日 20時間 以上 寝そべっている。ほとんど 体を 動かさないので 葉っぱを 3枚 食べれば 1日の 食事が 終わる。(『ルビー』の図鑑より)

『ルビー・サファイア』で初登場したナマケロ。1日のほとんどの時間をねむって過ごします。

名前の由来はおそらく、「怠けろ」。ナマケモノがモデルですが、ナマケモノはサルの仲間ではありません。

ヤルキモノ

名前ヤルキモノ
英語名Vigoroth
分類あばれザルポケモン
タイプノーマル
特性やるき

いつも 暴れたくて ウズウズ している。1分でも 座っている ことが 耐えられない。動いて いないと ストレスが たまってしまう。(『ルビー』の図鑑より)

ナマケロの進化系、ヤルキモノ。進化前とはうってかわって、ひたすら動き回るポケモンになりました。

名前の由来はおそらく、「やるき + 者」。

 

ケッキング

名前ケッキング
英語名Slaking
分類ものぐさポケモン
タイプノーマル
特性なまけ

1日中 寝そべったまま 暮らす ポケモン。手の 届く 場所に 生えている 草を 食べ 草が なくなると しぶしぶ 場所を 変える。(『ルビー』の図鑑より)

ヤルキモノの進化系、ケッキング。大きなゴリラの様な見た目です。

名前の由来はおそらく、「欠勤 + キング」。

 

ヒコザル

名前ヒコザル
英語名Chimchar
分類こざるポケモン
タイプほのお
特性もうか
(隠)てつのこぶし

お尻の 炎は お腹で 作られた ガスが 燃料。 雨に ぬれても 消えない。(『パール』の図鑑より)

『ダイヤモンド・パール』で初登場したヒコザル。おしりで火が燃えています。

名前の由来は、「火 + 子猿」からきていると思われます。

 

モウカザル

名前モウカザル
英語名Monferno
分類やんちゃポケモン
タイプほのお/かくとう
特性もうか
(隠)てつのこぶし

天井や 壁を 利用して 空中殺法を 繰り出す。 尻尾の 炎も 武器の ひとつ。(『パール』の図鑑より)

ヒコザルの進化系、モウカザル。目の周りの青い隈取りが特徴的です。

名前の由来はおそらく、「猛火 + 猿」。

 

ゴウカザル

名前ゴウカザル
英語名Infernape
分類かえんポケモン
タイプほのお/かくとう
特性もうか
(隠)てつのこぶし

両手 両足を 使った 特殊な 格闘技を 使う。 炎は 一生 消えない。(『ダイヤモンド』の図鑑より)

モウカザルの進化系、ゴウカザル。長い手足と頭上で燃える炎が特徴です。

名前の由来はおそらく、「業火 + 猿」。

 

ヤナップ

名前ヤナップ
英語名Pansage
分類くさざるポケモン
タイプくさ
特性くいしんぼう
(隠)しんりょく

深い 森で 暮らす ポケモン。頭に 生えた 葉っぱを 食べると 疲れが ウソのように 消える。(『ブラック』の図鑑より)

『ブラック・ホワイト』で初登場したヤナップ。頭やシッポの先に植物っぽさがあります。

名前の由来はおそらく、「柳 + エイプ(猿) 」。

 

ヤナッキー

名前ヤナッキー
英語名Simisage
分類とげざるポケモン
タイプくさ
特性くいしんぼう
(隠)しんりょく

気性が 激しく トゲの ついた 尻尾を 振り回して 戦う。 頭の 葉っぱは とても 苦い。(『ブラック』の図鑑より)

ヤナップがリーフのいしで進化した、ヤナッキー。頭のリーゼントが特徴です。

名前の由来はおそらく、「柳 + モンキー(猿) 」。

 

バオップ

名前バオップ
英語名Pansear
分類こうおんポケモン
タイプほのお
特性くいしんぼう
(隠)もうか

頭の ふさは 怒ると 温度が 上がり 300度 以上になる。木の実を ふさで 焼いて 食べる。(『ブラック』の図鑑より)

『ブラック・ホワイト』で初登場したバオップ。ジト目で、頭やシッポの先に炎っぽさがあります。

名前の由来はおそらく、「爆(中国語でバオ) + エイプ(猿) 」。

 

バオッキー

名前バオッキー
英語名Simisear
分類ひのこポケモン
タイプほのお
特性くいしんぼう
(隠)もうか

甘いものが 大好物。体内の 炎を 燃やす エネルギーに なるのだ。(『ブラック』の図鑑より)

バオップがほのおのいしで進化した、バオッキー。頭のふさの両側にも、火のような形の毛が増えました。

名前の由来はおそらく、「爆(中国語でバオ) + モンキー(猿) 」。

 

ヒヤップ

名前ヒヤップ
英語名Panpour
分類みずかけポケモン
タイプみず
特性くいしんぼう
(隠)げきりゅう

頭の ふさに ためた 水は 栄養 たっぷり。植物に かけると 大きく 育つのだ。(『ブラック』の図鑑より)

『ブラック・ホワイト』で初登場したヒヤップ。ニコニコした表情で、頭やシッポの先が噴水のような形をしています。

名前の由来はおそらく、「冷やす + エイプ(猿) 」。

 

ヒヤッキー

名前ヒヤッキー
英語名Simipour
分類ほうすいポケモン
タイプみず
特性くいしんぼう
(隠)げきりゅう

尻尾から 高圧の 水を 発射すると コンクリートの 壁も 破壊する 威力。(『ホワイト』の図鑑より)

ヒヤップがみずのいしで進化した、ヒヤッキー。頭のふさが長くなり、顔の横にまで伸びました。

名前の由来はおそらく、「冷やす + モンキー(猿) 」。

 

ダルマッカ

名前ダルマッカ
英語名Darumaka
分類だるまポケモン
タイプほのお
特性はりきり
(隠)せいしんりょく

体内で 炎が 燃えていると 落ち着かなく 走り回っている。炎が 小さくなると 眠る。(『ブラック』の図鑑より)

『ブラック・ホワイト』で初登場した、ダルマッカ。丸い体に小さな手足の、だるまさんのような見た目です。

名前の由来は「達磨(だるま) + 真っ赤」と思われます。見た目に猿っぽさはありませんが、進化系のヒヒダルマは「ヒヒ」がモチーフであり、ダルマッカも猿の仲間の「マカク属」が由来という説もあります。

 

ヒヒダルマ

名前ヒヒダルマ
英語名Darmanitan
分類えんじょうポケモン
タイプほのお
特性ちからずく
(隠)ダルマモード

体内で 1400度の 炎を 燃やすことで ダンプカーを パンチで 破壊するほどの パワーを 作る。(『ブラック』の図鑑より)

ダルマッカの進化系、ヒヒダルマ。進化前より手足が長くなり、眉毛も大きくなっています。

名前の由来は「ヒヒ + 火だるま + 達磨」と思われます。

 

ヤレユータン

名前ヤレユータン
英語名Oranguru
分類けんじゃポケモン
タイプノーマル/エスパー
特性せいしんりょく
テレパシー

(隠)きょうせい

非常に 賢いことで 知られる。 未熟な トレーナーは 見下す ベテラン向けの ポケモンだぞ。(『サン』の図鑑より)

『サン・ムーン』で初登場したヤレユータン。『ムーン』でのみ出現します。手には軍配を持っています。

名前の由来はおそらく、「やれ言うた(やれと言った) + オランウータン」。

 

ナゲツケサル

名前ナゲツケサル
英語名Passimian
分類れんけいポケモン
タイプかくとう
特性レシーバー
(隠)まけんき

20匹前後の グループを つくる。 その結束は 非常に 固く 絶対 仲間を 見捨てない。(『サン』の図鑑より)

『サン・ムーン』で初登場したナゲツケサル。『サン』でのみ出現します。手に持っている固いきのみを使って戦います。

名前の由来はおそらく、「投げつける + 猿」。

 

サルノリ

名前サルノリ
英語名Grookey
分類こざるポケモン
タイプくさ
特性しんりょく
(隠)グラスメイカー

特別な スティックで リズムを 刻むと 草花を 元気にする パワーが 音波になって 広がる。(『ソード』の図鑑より)

『ソード・シールド』で初登場した、サルノリ。頭のスティックは取り外しでき、これを使って戦います。

名前の由来は「猿 + 悪ノリ+ ノリ(ノリが良い)」と思われます。

 

バチンキー

名前バチンキー
英語名Thwackey
分類ビートポケモン
タイプくさ
特性しんりょく
(隠)グラスメイカー

2本の スティックで 激しい ビートを 刻める バチンキーほど 仲間たちの 尊敬を 集める。(『ソード』の図鑑より)

サルノリの進化系、バチンキー。進化したことでスティックは2本に増えました。

名前の由来はおそらく、「バチ(太鼓のばち) + モンキー」。

 

ゴリランダー

名前ゴリランダー
英語名Rillaboom
分類ドラマーポケモン
タイプくさ
特性しんりょく
(隠)グラスメイカー

特別な 切り株の パワーを ドラミングで コントロール。 根っこを 操って 戦う。(『ソード』の図鑑より)

バチンキーの進化系、ゴリランダー。かなりゴリラに近い見た目になりました。

名前の由来はおそらく、「ゴリラ + 乱打」。

 

ザルード

名前ザルード
英語名Zarude
分類わるざるポケモン
タイプあく/くさ
特性リーフガード

体に 生える ツルは ちぎれると 土の 栄養分となって 森の 植物たちを 育てるのだ。(『シールド』の図鑑より)

『ソード・シールド』で登場した幻のポケモン、ザルード。映画の前売り券や入場者プレゼントで配布されました。見た目はキツネザルに似ていますが、全身が黒い体毛に覆われています。

名前の由来は「猿 + Rude(ルード:失礼な)」と思われます。

タイトルとURLをコピーしました