ピカチュウに似た姿のポケモン【歴代ポケモン】

歴代〇〇
スポンサーリンク

ポケモンと言えばピカチュウ。ポケモンシリーズには、ピカチュウとよく似たポケモンが何種類か存在します。

今回は、ピカチュウに似た姿のポケモンを紹介します。

ピカチュウに似たポケモン

ポケモンシリーズには、ほっぺに「電気袋」と呼ばれる電気を溜める器官をもち、黒くて丸い目をした電気タイプのポケモンが数多くいます。ねずみやリスなどがモチーフになっていることが多いです。

各世代で登場しており、シリーズで恒例になっています。

ピカチュウ系統

初代(赤・緑)に登場した「ねずみポケモン」のピカチュウとライチュウ。そして第2世代(金・銀)では、ピカチュウの進化前、「こねずみポケモン」ピチューが登場しました。

アローラライチュウは、サン・ムーンで登場した、アローラ地方特有の姿(リージョンフォーム)です。

ピチュー
ピカチュウ

ライチュウ
(原種)
ライチュウ
(アローラ)

 

プラスル、マイナン

第3世代(ルビー・サファイア)では、「おうえんポケモン」のプラスルとマイナンが登場。

見た目や名前が対になっているポケモンですが、プラスルのタマゴからはプラスルが生まれ、マイナンのタマゴからはマイナンが生まれる、完全に別種のポケモンです。

プラスルマイナン

 

パチリス

第4世代(ダイヤモンド・パール)では、「でんきリスポケモン」のパチリスが登場しました。ものひろいという特性を持ち、戦闘後に道具を拾ってくることがあります。

余談ですが、パチリスはオスとメスで頭の縞の長さが違います。オスは額のところまで縞がありますが、メスは額の上の部分までしか縞がありません。

パチリス(♂)パチリス(♀)

 

エモンガ

第5世代(ブラック・ホワイト)では「モモンガポケモン」のエモンガが登場。電気・飛行タイプであり、地面タイプを無効化できる電気ポケモンです。

 

デデンネ

第6世代(X・Y)では「アンテナポケモン」のデデンネが登場しました。図鑑の説明では、しっぽをコンセントに突っ込んで電気を吸い取ってしまうそうです。

 

トゲデマル

第7世代(サン・ムーン)では「まるまりポケモン」のトゲデマルが登場。電気・鋼タイプであり、隠れ特性の「がんじょう」は相手から一撃で倒されません。

 

ミミッキュは…

トゲデマルと同じく第7世代では、ピカチュウととてもよく似た姿のミミッキュが登場しました。ピカチュウの姿を模したボロ布をかぶっている「ばけのかわポケモン」です。

ただ、ゴースト・フェアリータイプであり、電気袋もないため、上記のポケモンたちの仲間とは言われません。図鑑説明によると、不気味な姿を怖がられないようにピカチュウの姿を真似している、さみしがり屋なポケモンだそうです。

 

モルペコ

第8世代(ソード・シールド)では「にめんポケモン」モルペコが登場しました。電気・悪タイプであり、特性「はらぺこスイッチ」により毎ターンフォルムチェンジします。

専用技の「オーラぐるま」は、まんぷくもようでは電気タイプ。はらぺこもようでは悪タイプに変わる面白い効果があります。

モルペコ
(まんぷくもよう)

モルペコ
(はらぺこもよう)

 

パモ

第9世代(スカーレット・バイオレット)では、パモというポケモンが登場します。ピカチュウと同じく「ねずみポケモン」であり、でんきタイプのポケモンです。

ほっぺの電気袋に加えて、手のひらにも放電器官を持っており、ほっぺを撫で回して発電してから相手に両手でタッチして感電させます。

 

タイトルとURLをコピーしました