PR

【ポケモンSV】ほえる、ふきとばしの対策方法

スカーレット・バイオレット
スポンサーリンク

ポケモンの技の中には、「ほえる」や「ふきとばし」といった、相手を強制的に交代させる技があります。

今回は、強制交代技とその対策について解説します。

強制交代技の種類

ほえる

ほえる
分類変化
タイプノーマル
PP20
命中
対象1体選択
効果必ず後攻になり(優先度:-6)、
相手のポケモンを交代させる。

自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中します。相手の「まもる」「みきり」「トーチカ」「ニードルガード」の効果を受けません。

ただし、音系の技であり、特性「ぼうおん」の相手には無効です。

ほえるを覚えるポケモン

「ほえる」を覚える最終進化ポケモンは以下の通りです。

 

ふきとばし

ふきとばし
分類変化
タイプノーマル
PP20
命中
対象1体選択
効果必ず後攻になり(優先度:-6)、
相手のポケモンを交代させる。

自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中します。相手の「まもる」「みきり」「トーチカ」「ニードルガード」の効果を受けません。

ただし風の技であり、特性「かぜのり」の相手には無効です。

ふきとばしを覚えるポケモン

「ふきとばし」を覚える最終進化ポケモンは以下の通りです。

 

ともえなげ

ともえなげ
分類物理
タイプかくとう
威力60
PP10
命中90
対象1体選択
効果必ず後攻になり(優先度:-6)、
相手のポケモンを強制的に交代させる。

「ほえる」や「ふきとばし」とは異なり、攻撃技のため「まもる」等で防がれます。

ともえなげを覚えるポケモン

「ともえなげ」を覚える最終進化ポケモンは以下の通りです。

 

ドラゴンテール

ドラゴンテール
分類物理
タイプドラゴン
威力60
PP10
命中90
対象1体選択
効果必ず後攻になり(優先度:-6)、
相手のポケモンを強制的に交代させる。

「ほえる」や「ふきとばし」とは異なり、攻撃技のため、「まもる」等で防がれます。

ドラゴンテールを覚えるポケモン

「ドラゴンテール」を覚える最終進化ポケモンは以下の通りです。

 

効果の順番

強制交代技は優先度が-6であり、ほとんどの場合、後攻になります。

ただし、お互いにこれらの技を選択した場合は、素早さの高い方の技が先に発動します。

トリックルーム(優先度:-7)よりは先に発動します。

スポンサーリンク

強制交代技の対策

特性で対策

ばんけん

「ばんけん」は、相手から受ける強制交代技の効果を無効にする特性です。

また、相手から「いかく」を受けても攻撃が下がらず、逆に攻撃が1段階アップします。

特性「ばんけん」のポケモンは以下の通りです。

マフィティフ 
イイネイヌ

マジックミラー

相手から受ける変化技を跳ね返す特性で、「ほえる」「ふきとばし」を跳ね返すことができます。

ただし、「ともえなげ」や「ドラゴンテール」は跳ね返すことができません。

特性「マジックミラー」のポケモンは以下の通りです。

エーフィ
ミブリム
テブリム
ブリムオン 
ぼうおん

「ぼうおん」は、相手からの音系の技を受けない効果です。

相手の「ほえる」を無効化することができます。(「ふきとばし」「ともえなげ」「ドラゴンテール」は防げません)

特性「ぼうおん」のポケモンは以下の通りです。

ビリリダマ
マルマイン
ビリリダマ(ヒスイ) 
マルマイン(ヒスイ) 
 
ユキカブリ
ユキノオー
ジャラコ
ジャランゴ
ジャラランガ   
かぜのり

「かぜのり」は、相手からの風の技を受けず、攻撃が1段階アップする効果です。このため、「ふきとばし」を無効化することができます。(「ほえる」「ともえなげ」「ドラゴンテール」は防げません)

特性「ふうりょくでんき」のポケモンはタイカイデン系統のみです。

 

技で対策

ちょうはつ

「ちょうはつ」で変化技を封じてしまうのが、汎用的で使いやすい対策です。

「ほえる」「ふきとばし」には有用ですが、「ともえなげ」「ドラゴンテール」を防ぐことはできません。

じごくづき

「じごくづき」を受けたポケモンは、2ターンの間、音系の技を使えなくなります。

このため、「ほえる」を封じることができます。(「ふきとばし」「ともえなげ」「ドラゴンテール」は防げません)

ねをはる

自分は交代できなくなり、毎ターンHPを最大の1/16回復します。

相手からも強制交代技の効果を受けません。

タイトルとURLをコピーしました