【ポケモン剣盾】行動順は素早さだけじゃない?【優先度】

ソード・シールド
スポンサーリンク

ポケモン対戦で技を出す順番は、基本的に素早さ順ですが、素早さに関係なく、先制したり後攻になったりする場合があります。これは、なぜでしょうか。

今回は、技を出す順番について、解説します。

技を出す順番について

結論から言うと、技を出す順番は、技の優先度が高い順です。

優先度が同じ場合は素早さが高い順、素早さも同じなら、ランダムに決まります。また、同じ優先度の場合でも、せんせいのツメなど、先に行動できる道具などを持っていた場合は、行動順が変わることもあります。

図にするとこんな感じです。

優先度について

優先度の概要

優先度とは、技を出す順番を決める数値です。公式用語ではありません。優先度は技によって決まっていて、相手の技より優先度の高い技は、素早さに関係なく、先に出すことができます

ゲーム内での表記

優先度に影響する技は、技の説明文に「必ず先制できる」や「必ず後攻になる」といったことが書かれています。ただし、正確な優先度の数値をゲーム内で確認することはできません

技の優先度の一覧

ソード・シールドで使用できる技で、それぞれの優先度は、以下の表のとおりです。

優先度
+5 てだすけ
+4 こらえる/まもる/みきり/
キングシールド/ダイウォール/トーチカ/
ニードルガード/ブロッキング/マジックコート
+3 ねこだまし/トリックガード/
ファストガード/ワイドガード
+2 いかりのこな/このゆびとまれ/しんそく/
であいがしら/サイドチェンジ/フェイント
+1 かげうち/こおりのつぶて/しんくうは/
つぶらなひとみ/でんこうせっか/
ふいうち/みずしゅりけん/アクアジェット/
アクセルロック/バレットパンチ/マッハパンチ
0 この表以外の技
-1 あてみなげ
-2
-3 きあいパンチ(攻撃時)/トラップシェル
-4 ゆきなだれ/リベンジ
-5 カウンター/ミラーコート
-6 ともえなげ/ふきとばし/ほえる/
テレポート/ドラゴンテール
-7 トリックルーム

攻撃技のみ

優先度
+5
+4
+3 ねこだまし
+2 しんそく/であいがしら/フェイント
+1 かげうち/こおりのつぶて/しんくうは/
でんこうせっか/ふいうち/みずしゅりけん/
アクアジェット/アクセルロック/
バレットパンチ/マッハパンチ
0 この表以外の技
-1 あてみなげ
-2
-3 きあいパンチ(攻撃時)/トラップシェル
-4 ゆきなだれ/リベンジ
-5 カウンター/ミラーコート
-6 ともえなげ/ドラゴンテール
-7

補助技のみ

優先度
+5 てだすけ
+4 こらえる/まもる/みきり/
キングシールド/ダイウォール/トーチカ/
ニードルガード/ブロッキング/マジックコート
+3 トリックガード/ファストガード/ワイドガード
+2 いかりのこな/このゆびとまれ/サイドチェンジ
+1 つぶらなひとみ
0 この表以外の技
-1
-2
-3
-4
-5
-6 ふきとばし/ほえる/テレポート
-7 トリックルーム

特性による優先度の変化

いたずらごころ

全ての変化技の優先度を+1して出すことができます。ただし、悪タイプの相手に対して、この特性で優先度を上げた技は失敗します

この特性のポケモン:エルフーンオーロンゲなど

 

はやてのつばさ

自分のHPが満タンのとき、飛行タイプの技の優先度を+1して出すことができます。

この特性のポケモン:ファイアロー

ヒーリングシフト

回復技の優先度を+3して出すことができます。

この特性のポケモン:キュワワー

 

じょおうのいげん

相手から自分に対する先制技を受けなくなります。

いたずらごころはやてのつばさヒーリングシフトで優先度が+1以上になった技も無効にします。ただし、相手の特性がかたやぶりの場合、先制技を無効にはできません

この特性のポケモン:アマージョ

フィールドによる影響

サイコフィールド

場の状態がサイコフィールドの場合、技の対象となったポケモンは、優先度+1以上の技を受けなくなります

技の順番に影響する道具

せんせいのツメ

ポケモンに持たせると、素早さに関わらず、20%の確率で先に行動ができます。注意点として、技自体の優先度は変わりません。同じ優先度の中で最速になるイメージです。

イバンのみ

ポケモンに持たせると、HPが1/4以下になると消費して、先に行動できます。こちらも技自体の優先度は変わりません。

こうこうのしっぽ・まんぷくおこう

ポケモンに持たせると、お互いの素早さの値に関わらず、後攻になります。せんせいのツメと逆で、同じ優先度の中で最遅になるイメージです。

お互いにこうこうのしっぽを持っていた場合は、素早さが高い方から行動します。こうこうのしっぽを持っていても、相手より優先度の高い技を使った場合は先制できます。

 

特性「あとだし」について

こうこうのしっぽの特性版で、お互いの素早さの値に関わらず、後攻になります。「あとだし」同士では、素早さの高い方が先攻になります。

こうこうのしっぽ・まんぷくおこうを持っているポケモンと、特性「あとだし」のポケモンでは、素早さの高い方が先攻になります。

この特性のポケモン:ヤミラミ

タイトルとURLをコピーしました