PR

【ポケモンSV】あくびの対策方法

全般データ
スポンサーリンク

時間差で相手を「ねむり」にする技、あくび

今回はあくびの仕様の解説と対策方法をまとめました。

あくびについて

あくびの概要

あくび
分類へんか
タイプノーマル
PP10
命中
対象1体選択
効果相手をねむけ状態にする。
ねむけ状態のポケモンは、
次のターン終了時に
ねむり状態になる。

1ターン後のターン終了時に、相手をねむりにする技です。相手がすでにねむけ状態だったり、他の状態異常になっている場合は、失敗します。

ねむけ状態は、交代することで解除されます。

 

あくびを覚えるポケモン

『スカーレット・バイオレット』で「あくび」を覚える最終進化ポケモンは、以下の通りです。

ゴルダック
ヤドラン
ヤドラン(ガラル)
シャワーズ
サンダース
ブースター
カビゴン
ヌオー
エーフィ
ブラッキー
ヤドキング
ヤドキング(ガラル)
マグカルゴ
グラエナ
ケッキング
マルノーム
バクーダ
コータス
チリーン
エンペルト
トリトドン
カバルドン
リーフィア
グレイシア
ユクシー
ツンベアー
カエンジシ
ニンフィア
デカグース
ヤレユータン
ネッコアラ
ガチグマ
ガチグマ[アカツキ]
ラウドボーン
パフュートン♂
パフュートン♀
バウッツェル
ハカドッグ
ハルクジラ
ヘイラッシャ
ドオー
ノココッチ
 
 
 

 

ねむるを使った場合

ねむけの効果でねむり状態になる前に、例えば自身で「ねむる」を使って「カゴのみ」等でねむり状態を回復した場合でも、ねむけ状態は解除されません。

この場合、ねむけで再びねむり状態になります。

 

あくびの使い方

  • 次ターンに確実にねむりになるという圧力をかけることで、相手に交代を促すことができます。
  • 「ステルスロック」や「どくびし」、「まきびし」を使ってから「あくび」で相手に交代をさせることで、ダメージを蓄積させる戦術が有名です。

 

あくびの対策

技による対策

ちょうはつ

役立つ場面はあくびをされる前に限りますが、「ちょうはつ」で変化技を封じることができます。

みがわり

自分が「みがわり」を使っていると、あくびを防ぐことができます。

ただし、あくびを受けた後にみがわりをしても、ねむりになるのを防ぐことはできません。

とんぼがえり、ボルトチェンジ、クイックターン

「とんぼがえり」「ボルトチェンジ」「クイックターン」は、相手にダメージを与えつつ交代することができます。

さわぐ

「さわぐ」を使っている状態であれば、ねむり状態になるのを防げます。(「あくび」自体は無効にできず、ねむけ状態にはなります)

バトンタッチ

能力を引き継いで交代する「バトンタッチ」は、ねむけ状態は引き継がれません

エレキフィールド、ミストフィールド

場がエレキフィールドのとき、地面にいるポケモンはねむりやねむけ状態になりません。

ミストフィールドの場合は、地面にいるポケモンは状態異常になりません。ただし、ねむけ状態にはなるため、次のターンにフィールドが解除されると、ねむり状態になります

しんぴのまもり

5ターンの間、状態異常にならなくなる技です。交代しても効果が続きます。

ねむけ状態になるのを防げますが、あくびを受けた後にこの技を使っても、ねむりになるのを防ぐことはできません

 

持ち物による対策

カゴのみ、ラムのみ

「カゴのみ」はねむり状態を回復し、「ラムのみ」は状態異常を回復します。

あくびそのものを防ぐわけではありませんが、ねむり状態を即座に回復することができます。

かえんだま、どくどくだま

「かえんだま」は自身がやけど状態になり、「どくどくだま」は自身がもうどく状態になります。先に状態異常になってしまえば、あくびの効果を受けることはありません。

いずれも、ハッコウシティのデリバードポーチで15000円で購入できます。

 

特性による対策

マジックミラー

相手から受ける変化技を跳ね返す特性で、あくびを跳ね返すことができます。

この特性を持つポケモン:エーフィブリムオンなど

リーフガード

天気が晴れの時、状態異常にならない特性です。

この特性を持つポケモン:ワタッコドレディアなど

スイートベール

自分と味方が、ねむり状態にならない特性で、ねむけ状態にもなりません。

この特性を持つポケモン:アマージョ系統

やるき、ふみん

ねむり状態にならない特性で、ねむけ状態にもなりません。

この特性を持つポケモン:デリバードドンカラスなど

ぜったいねむり

常にねむり状態になり、他の状態異常になりません。ねむり状態のまま技を使うことができます。

この特性を持つポケモン:ネッコアラ

タイトルとURLをコピーしました