PR

ちょうはつ以外にも行動を制限する技がある!【ポケモンSV】

スカーレット・バイオレット
スポンサーリンク

相性で不利な相手でも、行動を制限することができれば勝つチャンスが生まれます。

今回は、相手の行動を封じる技とその対策について紹介します。

相手の行動を封じる技

変化技

ちょうはつ
  • 3ターンの間、相手は変化技が使えなくなります
  • みがわり状態の相手にも有効です。
  • ダイマックスしている相手にも有効です。
アンコール
  • 3ターンの間、相手は最後に使用した技しか使えなくなります。
  • みがわり状態の相手にも有効です。
  • ダイマックスしている相手には無効です。
かなしばり
  • 4ターンの間、相手は最後に使用した技を使えなくなります。
  • みがわり状態の相手にも有効です。
  • ダイマックスしている相手には無効です。
いちゃもん
  • 相手は、同じ技を連続で選べなくなります。ターン制限はありません。
  • みがわり状態の相手にも有効です。
  • ダイマックスしている相手には無効です。
ふういん
  • 相手は、自分が覚えている技と同じ技を使えなくなります。ターン制限はありません。
  • みがわり状態の相手にも有効です。
  • ふういん状態のポケモンがダイマックスした場合、ダイマックス技のベースになる技が封じられた状態で、ダイマックス技を封じる効果はありません

    まとめると、こんな感じです。
    ○:効果あり、×:効果なし

    みがわりダイマックス
    ちょうはつ
    アンコール×
    かなしばり×
    いちゃもん×
    ふういん×

    この他にも「メロメロ」や「こんらん」といった状態変化もありますが、確率で発生する効果はここでは除外します。

     

    攻撃技

    じごくづき

    あくタイプ、威力80の物理技です。

    じごくづきを受けた相手は、2ターンの間、音の技を使えなくなります。

    じゅうりょく

    5ターンの間、お互いの技の命中率が1.67倍になる変化技です。

    じゅうりょく状態では、「そらをとぶ」「とびげり」「とびひざげり」「でんじふゆう」「はねる」「フライングプレス」が使えません。

     

    相手の行動を封じる特性

    のろわれボディ

    自分にダメージを与えた技を、30%の確率でかなしばり状態にします。その技で自分がひんしになった場合も発動します。

    変化技に対しては発動しません。

    この特性のポケモン:ゲンガー、ユキメノコなど

     

    行動を封じる技の対策

    行動を封じる技の対策は、以下の方法があります。

    交代する

    ポケモンを交代すれば、上記の状態変化は回復します。

    行動を制限されたままでは、より不利な状況へ追い込まれかねません。1つの戦い方にこだわらず、別の戦略を立てることも必要になります。

     

    特性による対策

    特性アロマベール

    「アロマベール」は自分と味方へのメンタル技を防ぐ特性です。

    メンタル技には、「アンコール」「いちゃもん」「かなしばり」「ちょうはつ」「メロメロ」があります。

    特性「アロマベール」のポケモンは以下の通りです。

     グルトン パフュートン♀バウッツェル
    特性どんかん

    「どんかん」は「ちょうはつ」の効果を受けない特性です。「メロメロ」や特性「いかく」の効果も受けません。

    特性「どんかん」のポケモンは以下の通りです。

    ヤドン ヤドラン ヤドキング
    ドンメルドジョッチナマズン
    ヤトウモリエンニュート
     アマカジ 
    (隠れ特性)
    アママイコ
    (隠れ特性)
    ヘイラッシャ

     

    道具による対策

    メンタルハーブ

    特性「アロマベール」と同じ効果で、一度使ったらなくなります。

    「ちょうはつ」対策として「トリックルーム」や「ステルスロック」を確実に使いたいときなどに使われます。

    カラフシティのデリバードポーチで、10000円で購入できます。

     

    状態異常・状態変化の記事一覧へ

    タイトルとURLをコピーしました