【ポケモン剣盾】みがわり戦術・みがわりの対策

ソード・シールド
スポンサーリンク

ポケモンを繰り出すたびにダメージを受ける技、みがわり。

今回はみがわりについての解説と、その対策方法をまとめました。

みがわりについて

概要

みがわり
分類 へんか
タイプ ノーマル
PP 10
命中
対象 自分
効果 自分のHPを最大の1/4減らして、
減らしたHPと同じHPの分身を作る。
分身のHPが0になるまですべての攻撃を
自分の代わりに分身が受ける。

みがわりは、自身のHPを使って分身を作る技です。HPが足りないと使うことができません。HPが4の倍数だと最大3回、それ以外だと最大4回使うことができます。

 

みがわりで防げるもの

みがわりで防げる代表的なものは、以下の通りです。

  • 相手の変化技による、能力変化や状態異常を防ぎます。
  • 特性いかく・特性かわりものの効果は、みがわり状態に対しては無効化されます。
  • みがわりに対して、トリック・すりかえは失敗します。
  • バインド状態は、みがわりを使うことで解除できます。

バインド状態についてはこちら

【ポケモン剣盾】相手を拘束する技と、脱出する方法【バインド状態】
ポケモンの技には、まきつくやほのおのうずなど、相手を交代できなくして、毎ターンダメージを与えるものがあります。 この状態を、バインド状態といいます。 今回は、バインド状態にする方法と、どうしたら解除されるかについて紹介します。 バイン...

 

みがわりで防げないもの

  • 特性すりぬけによる技や、音系の技は防ぐことができません。(攻撃技・変化技どちらも)
  • ダイマックス技については、ダメージは防げますが、追加効果は防げません。
  • ほえる・ふきとばしちょうはつ・アンコール・かなしばり・のろい・みちづれ・くろいきりは、みがわり状態では防げません。
  • 特性とびだすなかみ・うのミサイルによるダメージは、みがわりではなく本体に当たります。
    • 場を対象にする技(ステルスロック、まきびしなど)は防げません。
    • あくびを受けた後にみがわりを使っても、次のターンにねむり状態になるのを防げません。

     

    その他、みがわりの注意点

    • 本体がダメージを受けることで発動する特性(ばけのかわ・じきゅうりょく・のろわれボディなど)は、みがわり状態では発動しません。
    • みがわり状態でダメージを受けても、自分の特性による回復や能力アップの効果は発動します。(ちょすい・よびみず・ちくでん・ひらいしんなど)
    • みがわり状態で攻撃を受けた場合、アッキのみやじゃくてんほけんは発動しません。

     

    入手方法

    わざレコード20で習得できます。

    わざレコード20はワイルドエリアのワットショップや、ノーマルタイプとのレイドバトルで入手可能です。

    スポンサーリンク

    みがわり戦術

    みがわりを使った戦術をいくつか紹介します。

    みがわり+やどりぎのタネ

    「やどみが戦法」と呼ばれるものです。特性いたずらごころにより、変化技を先制で使うことができるエルフーンがこの技を使うことが多いです。

    ただし、くさタイプにはやどりぎのタネが無効、あくタイプに対しては、特性いたずらごころによる変化技が無効になります。

    また、やどりぎのタネはこうそくスピンでも解除することができます。

    【ポケモン剣盾】こうそくスピンで解除しよう【ステルスロック・バインド・やどりぎのタネ】
    以前、ステルスロック対策として「こうそくスピン」という技を挙げました。実はこの技は、ステルスロック解除の他にも効果があります。 今回は、こうそくスピンの効果や有用性について、紹介します。 こうそくスピン以外のステルスロック対策はこちら ...

     

    みがわり+バトンタッチ

    みがわり状態は、バトンタッチで引き継ぐことができます。後続のポケモンを、有利な状態で場に出すことができます。

    特性かそくのテッカニンや、弱点保険で能力を上げたフワライドなど、能力アップと一緒に使うことで、攻守ともに強化されたポケモンを繰り出すことができます。

     

    みがわり+能力アップきのみ

    みがわりを連発することで、HPが最大の1/4以下になると発動する能力アップきのみ(ヤタピのみ、チイラのみ、カムラのみなど)を、能動的に使う戦術があります。

    素早さが高く、特性げきりゅうも同時に発動するインテレオンや、特性もうかのエースバーンが強力です。この場合、HPは4の倍数に調整しておくと、みがわり3回で、きのみが発動します。

    自身の体力を削るため、先制技に弱くなってしまうのが注意点です。

     

    みがわり+まもる+プレッシャー

    みがわりとまもるにより、相手の攻撃を防ぎながら、特性プレッシャーにより、相手のPPを減らす戦術です。

    注意点としては、まもるを使っていても、ダイマックス技にはダメージを受けてしまうことです。

    【ポケモン剣盾】自分のPPを増やして相手のPPは減らそう
    ポケモンの技はすべて、使える回数が決まっています。 これはPP(パワーポイント)と呼ばれ、ポケモンセンターで回復できますが、戦闘中には、回復手段は限られます。 今回は、PPに関係のある技や、PPが無くなった場合について解説します。 P...

     

    みがわり+かなしばり

    みがわりで一度攻撃を受け、かなしばりでその技を封じる戦術です。「みがしば」とも呼ばれます。

    先制でかなしばりすることができれば、相手から自分への有効な技を封じることができますが、ダイマックス相手に対しては、かなしばりは無効です。

    【ポケモン剣盾】相手の攻撃を封じる技
    ポケモンの技には、相手の行動を制限する効果を持った技があります。 相性で不利な相手であっても、行動を制限することができれば、勝つチャンスが生まれます。 今回は、ちょうはつなど、相手の行動を封じる技とその対策について紹介します。 相手の...

     

    みがわり+きあいパンチ

    発動前にダメージを受けると失敗してしまうきあいパンチですが、みがわり状態を攻撃されても、失敗することはありません。

    きあいパンチを使うためだけにみがわりをするくらいなら、2回攻撃したほうがいいので、相手の変化技を防ぐのと同時に使いたいですね。

     

    みがわりの対策

    みがわりの対策方法は、以下のいずれかに分けられます。

    • 相手にみがわりを使わせない
    • 1度の攻撃で、みがわりを破壊して本体にもダメージを与える
    • 相手のみがわりを無視して攻撃する

    特性による対策

    すりぬけ

    特性すりぬけのポケモンであれば、みがわりを無視して攻撃することができます。変化技も有効です。リフレクターやひかりのかべも無視して攻撃できます。

    この特性のポケモン:ドラパルト、シャンデラ

     

        技による対策

        ちょうはつ

        役立つ場面はみがわりをされる前に限りますが、ちょうはつで変化技を封じることができます。

        みがわり以外にも変化技全般に有効なため、変化技が主体の相手には、かなりの圧力をかけることができます。

        音系の技

        うたかたのアリアやハイパーボイスなどの、音系の技であれば、みがわりを無視して攻撃できます。

        音系の技についてはこちら

        【ポケモン剣盾】意外にたくさんある音の技【みがわり貫通】
        ポケモンの技の中には、音を使った技というものがあります。 今回は、音の技について紹介します。 音の技とは 音の技の概要 技のタイプによる分類とは別で、技ごとに音の技かどうかが設定されています。 本来みがわりで防がれる技でも、音の技...
        連続技

        タネマシンガンやロックブラストなど、1ターンに2回以上攻撃できる連続技なら、みがわりを壊しつつ、本体にもダメージを与えられます。

        特性スキルリンクのパルシェンやチラチーノであれば、連続技を確定で5回撃てるので、みがわり対策としては非常に優秀です。

         

        タイトルとURLをコピーしました