【ポケモン剣盾】やけどのとき、イカサマのダメージ計算はどうなる?

ソード・シールド
スポンサーリンク

相手の能力を使って攻撃する技、「イカサマ」。

今回は「イカサマ」という技について解説します。

イカサマについて

概要

イカサマ
分類 ぶつり
タイプ あく
威力 95
PP 15
命中 100
対象 相手1体選択
効果 相手の「こうげき」の能力値で
ダメージ計算する。

通常、物理技を使う時には攻撃側の「こうげき」と防御側の「ぼうぎょ」でダメージを計算します。

しかし、イカサマは攻撃側の「こうげき」ではなく、防御側の「こうげき」の数値で計算します。

 

相手の能力ランクが影響するため、「いばる」などで相手の「こうげき」が上昇していると、ダメージが大きくなります。

自身の能力ランクは関係しません。

 

攻撃側のポケモンが悪タイプだと、威力が1.5倍になります。これは普通の技と同じです。

タイプ相性も他の技と同じように考慮されます。

 

ダイマックスした場合

ダイマックス状態で使うと悪タイプで威力130のダイマックス技、「ダイアーク」になります。

これは物理技であり、自分の「こうげき」の数値で計算します。

耐久型ポケモンで、攻撃技がイカサマのみの場合でも、やむを得ずダイマックスする場合があります。その可能性を考えると、「こうげき」に下降補正のかかる性格は避けたいですね。
スポンサーリンク

状態異常・特性・持ち物の影響

状態異常・持ち物・特性などの効果は、他の通常の技と同じく、攻撃側の状態に従います

「やけど」状態の場合

  • 攻撃側がやけど状態だとダメージが下がります。
  • 相手がやけどであっても影響は受けません。

 

「こだわりハチマキ」「いのちのたま」を持っている場合

  • 攻撃側の、「こだわりハチマキ」などの攻撃アップアイテムは影響します。
  • 相手が持っていても影響は受けません。

 

特性「てんねん」の場合

  • 攻撃側の特性が「てんねん」の場合、防御側の「こうげき」ランクは影響しますが、「ぼうぎょ」ランクは「てんねん」により無視されます。
  • 防御側の特性が「てんねん」の場合、防御側の「こうげき」ランクは「てんねん」により無視されます。
簡単に言うと、てんねんは
自分の攻撃時は、防御のランク補正を無視し、
相手の攻撃時は、攻撃のランク補正を無視するものです。

 

その他、通常とは違う能力で計算する技

サイコショック

  • 「サイコショック」は相手の「とくぼう」ではなく「ぼうぎょ」の能力値でダメージを計算します。
  • この技自体は特殊技であり、「ひかりのかべ」で半減されます。あくまで、ダメージ計算に防御の値を用いる、というだけです。
  • 「サイコショック」に対してミラーコートは効果があり、カウンターは効果がありません。

 

ボディプレス

  • 「ボディプレス」は自身の「こうげき」ではなく「ぼうぎょ」の能力値でダメージを計算します。
  • 「てっぺき」などで「ぼうぎょ」ランクを上げると、同時にボディプレスの威力も上がります。
    • 「イカサマ」と同様に、やけど状態だとダメージが半減します

     

    「こんらん」で自傷する場合

    • 「こんらん」状態では、1/3の確率で威力40の物理攻撃を自分にします。
    • 自身の「こうげき」と「ぼうぎょ」の能力値でダメージ計算を行います。

     

    タイトルとURLをコピーしました