【ポケモン剣盾】「ふいうち」で先制できない場合

ソード・シールド
スポンサーリンク

相手の技より先制して攻撃できる技、ふいうち

相手が攻撃技を選んでいないと失敗する技ですが、攻撃技が選ばれていても、先制できない場合があります。

今回はふいうちについて、解説します。

ふいうちについて

概要

ふいうち
分類 ぶつり
タイプ あく
威力 70
PP 5
命中 100
対象 相手1体
効果 先制攻撃技(優先度:+1)。
相手が攻撃技を選んでいなければ、失敗する。

ふいうちは、優先度+1の先制技で、先制技の中では、威力80の「しんそく」に次ぐ威力です。

ねむりこおり状態の相手でも、攻撃技を選択していたら、ふいうちは成功します。

 

ダイマックスした場合

ふいうちをダイマックスして使う場合、威力120ダイアークという技になり、相手の特防を下げる追加効果を持ちます。

 

ふいうちを覚えるポケモン

2020年3月現在、ソード・シールドで使える最終進化ポケモンだけでも30匹以上います。

ダグトリオ ダグトリオ
(アローラ)
ゲンガー バリヤード
ネイティオ ウソッキー カポエラー ダーテング
ヤミラミ クチート スカタンク ドクロッグ
レパルダス マラカッチ デンチュラ マッギョ
マッギョ
(ガラル)
キリキザン クイタラン ニャオニクス
(♂・♀)
オーロット ジュナイパー グソクムシャ マーシャドー
エースバーン インテレオン フォクスライ アップリュー
タルップル オトスパス ポットデス オーロンゲ
バリコオル バチンウニ ドラパルト ———-

赤字は、あく・ゴーストタイプ以外で、ふいうちを習得できるポケモンです。

 

ふいうちが失敗する場合

  • 相手が変化技を選択していた場合、先制で行動はできますが、攻撃は失敗します。
  • 相手が優先度+1以上の攻撃技を使っていて、相手の素早さが自分より早い場合、自分は後攻になり、ふいうちは失敗します。
    逆に、優先度が同じでも自分の方が素早さが高ければ、ふいうちは成功します。

優先度や他の先制技についてはこちら

【ポケモン剣盾】行動順は素早さだけじゃない?【優先度】
ポケモン対戦で、技を出す順番は、基本的に素早さ順です。 しかし、素早さに関わりなく、先制したり後攻になったりする場合があります。 これは、なぜでしょうか。 今回は、技を出す順番について、解説します。 技を出す順番について 結論から...

    例1

    自分:クイタラン(素早さ128)のふいうち

    相手:モルペコ(素早さ163)のでんこうせっか

    素早さで勝るモルペコのでんこうせっかが先に発動し、ふいうちは失敗します。

    例2

    自分:エースバーン(素早さ188)のふいうち

    相手:ウインディ(素早さ115)のしんそく

    優先度+2のしんそくが先に発動し、ふいうちは失敗します。

     

    タイトルとURLをコピーしました