PR

【ポケモンSV】リフレクター・ひかりのかべ・オーロラベールを対策したい!

スカーレット・バイオレット
スポンサーリンク

ポケモンの技の中には、相手から受けるダメージを半減する効果がある、壁の技があります。

今回はリフレクター・ひかりのかべ・オーロラベールの解説と、その対策方法をまとめました。

壁の技について

技データ

リフレクターひかりのかべオーロラベール
分類へんかへんかへんか
タイプエスパーエスパーこおり
PP203020
命中
対象味方の場味方の場味方の場
効果5ターンの間、相手からの
物理技のダメージを半減する。
ダブルバトルでは
ダメージを2/3にする。
5ターンの間、相手からの
特殊技のダメージを半減する。
ダブルバトルでは
ダメージを2/3にする。
ゆき状態でのみ使用可能。
5ターンの間、相手からの
技のダメージを半減する。
ダブルバトルでは
ダメージを2/3にする。
材料800LP
スリープのけ×3
ヒラヒナのうもう×3
800LP
コイルのねじ×3
ビリリダマのでんき×3
  • リフレクターは物理ダメージ、ひかりのかべは特殊ダメージ、オーロラベールはその両方を半減します。技を使ったターンを含めて5ターンの間、効果が続きます。
  • 自分の能力を変化させるわけではなく、交代しても効果は続きます。
  • 急所に当たった場合は、ダメージ軽減の効果は無視されます。

 

ターン延長

リフレクター・ひかりのかべ・オーロラベールを使うポケモンが「ひかりのねんど」を持っていると、これらの技の効果が8ターンに延長されます。

 

壁の技をよく使うポケモン

リフレクター・ひかりのかべ

オーロンゲ、クレッフィ

変化技を先制で使える特性「いたずらごころ」を持っています。ほぼ確実に技を発動できるため、壁張り役として重宝されます。

ドラパルト

素早さ種族値は142。たいていのポケモンに先制でき、「おにび」「でんじは」「のろい」といった技も覚えるため、先発で出てきて場を整えることができます。

厄介なのは、初見ではドラパルトの型を見抜くのが非常に困難なところです。物理アタッカー型、特殊アタッカー型も多く存在するため、何をしてくるかわからないという怖さがあります。

レジエレキ

素早さ種族値200。圧倒的な素早さで、先制で壁を張ることができます。「ボルトチェンジ」や「だいばくはつ」も覚え、味方のポケモンを場に出す手段を持っています。

エーフィ

素早さ種族値が110と高く、特性「マジックミラー」によって相手からの「ちょうはつ」で技を封じられることがないことが長所です。

 

オーロラベール

キュウコン(アローラ)

自身で天気を「ゆき」にできる特性「ゆきふらし」のキュウコン(アローラ)やユキノオーが使うことが多いです。

この2匹以外に「オーロラベール」を覚えるポケモンは以下の通りです。

ロコン(アローラ)
デリバード
ユキメノコ
フリージオ
カチコール
クレベース   
クレベース(ヒスイ)
モスノウ
コオリッポ
テツノツツミ
スポンサーリンク

壁の技の対策

リフレクター・ひかりのかべ・オーロラベールの対策は、以下の方法が考えられます。

  • 相手から技自体を受けないようにする
  • 相手の場の壁を解除する
  • 相手に壁を張らせた上で戦略でカバーする

具体的な方法をいくつか紹介します。

技による対策

急所に当たる技

「あんこくきょうだ」「すいりゅうれんだ」「こおりのいぶき」「トリックフラワー」といった技は、必ず技が急所に当たります。急所時は、壁によるダメージ半減は無視されます。

他にも、持ち物「ピントレンズ」や特性「きょううん」によって相手の急所を狙う戦術であれば、壁の効果を無視できる可能性が高いです。

急所戦術についてはこちら

壁を破壊する技

以下の技は、相手の場のリフレクター・ひかりのかべ・オーロラベールを無くす効果があります。

※類は分類。物は物理技特は特殊技変は変化技を表します。

技名
【タイプ】
威力効果
命中PP
かわらわり
【かくとう】
75壁の技を無視して攻撃。
相手の場の壁を破壊する。
10010
サイコファング
【エスパー】
85壁の技を無視して攻撃。
相手の場の壁を破壊する。
10
レイジングブル
【ノーマル】
90ケンタロス(パルデア)の
姿に応じたタイプの技になる。
壁の技を無視して攻撃。
相手の壁の技を破壊する。
10010
きりばらい
【ひこう】
相手の回避率を1段階ダウン。
相手の場の壁の技や
しろいきり、しんぴのまもり、
お互いの場の設置技や
〇〇フィールドを解除する。
15
ちょうはつ

役立つ場面は壁を張られる前に限りますが、ちょうはつで変化技を封じることができます。

リフレクター等以外にも変化技全般に有効なため、変化技が主体の相手には、かなりの圧力をかけることができます。

ただし特性「マジックミラー」の相手には「ちょうはつ」を跳ね返されてしまいます。

コートチェンジ

お互いの場の状態を入れ替える技です。

ステルスロックやおいかぜなど、相手に有利な状態も入れ替えられるので、一気に形成逆転も狙えます。自分が相手に放ったステルスロックなども入れ替えてしまうので、使い時には注意が必要です。

エースバーンの専用技です。

 

特性による対策

すりぬけ

相手の場の壁を無視して技を使うことができます。みがわりも無視する効果を持ち、攻撃技だけでなく、変化技にも適用されます。

特性「すりぬけ」の最終進化ポケモンは以下の通りです。

ワタッコハブネークミカルゲ
シャンデラオンバーンドラパルト
アノホラグサ

 

バリアフリー

場に出た時に、リフレクター・ひかりのかべ・オーロラベールの効果を消す特性です。場にいる間だけ効果が無くなるわけではなく、場に出たら壁の効果が完全に消えます。

技を使わずに壁を消せるのは利点ですが、新しく張られる壁を防ぐことはできません。相手が再度、壁を張ることもできるので、逆に不利な状況になる場合もあります。

バリヤード(ガラル)、バリコオルがこの特性を持っていますが、『スカーレット・バイオレット』には未登場です。

 

プレイングで対策

壁ターンを枯らす

耐久ポケモンや「まもる」「みがわり」などで粘って、相手の壁ターンを枯らすことができれば、相手が壁で得られる恩恵を減らすことができます。

通常とは違う型を育成

物理型と見せかけた特殊型や、特殊型に見せかけた物理型のポケモンを使って、相手の壁を無意味にする方法もあります。例えば特殊型のカイリューであれば、リフレクターを張られても関係ありません。

場の状態に関する記事一覧へ

タイトルとURLをコピーしました