【ポケモン剣盾】命中率を上げる「重力」について解説

ソード・シールド
スポンサーリンク

お互いの技の命中率が上がる技、重力(じゅうりょく)。

ソード・シールドの対戦環境では使い手が少ないですが、強力な効果を持った技です。

今回は、じゅうりょくの効果について、解説していきます。

じゅうりょくについて

概要

じゅうりょく
分類 へんか
タイプ エスパー
PP 5
命中
対象 全体の場
効果 5ターンの間、すべてのポケモンの
命中率が5/3倍になる。

じゅうりょくを使うと、お互いに技の命中率が上がります。

また、特性ふゆうや、飛行タイプのポケモンに地面タイプの技が当たるようになります。

さらに、そらをとぶはねるとびひざげりとびはねるでんじふゆうフライングプレスが使えなくなり、使用している場合は解除されます。

唯一、重力中に威力の上がる技として、Gのちからがあります。(威力が1.5倍になる)

 

じゅうりょくを覚えるポケモン

今作では習得できるポケモンは少なく、2020年4月時点では、以下のポケモンがじゅうりょくを覚えます。

ピクシー ジラーチ ヨノワール
ギガイアス シンボラー ナットレイ
ネクロズマ イシヘンジン

 

キョダイテンドウ

キョダイマックスイオルブが、エスパータイプの攻撃技を使うとキョダイテンドウになります。

相手にダメージを与え、全体の場をじゅうりょく状態にする追加効果があります。

 

対戦でのじゅうりょく

命中アップ

命中率が通常の1.67倍になります。つまり、命中率が60の技は100%で命中し、命中率が50の技でも83%で命中するようになります。

これにより、命中の低い催眠技や高威力技を採用することができます。ただし、一撃必殺の技の命中率は変わりません。

催眠技の命中アップは以下の通り。
さいみんじゅつ:命中60→100
ねむりごな:命中75→125
うたう:命中55→91(みがわり貫通)

 

特性はりきりによる命中ダウン(0.8倍)も、じゅうりょく下では無視できるため、じゅうりょくを使うパーティと、はりきりのポケモンは相性が良いと言えます。

特性はりきりのポケモン:ジヘッド、アイアント、アップリュー、パッチラゴンなど

じゅうりょく中に、特性はりきりのポケモンが使う物理技の命中率は、1.67×0.8=1.33倍になります。

 

地面にいる状態になる

特性ふゆうや、ひこうタイプのポケモンは地面にいる状態になり、じめん技が当たるようになります。また、これらのポケモンを場に出したとき、まきびしどくびしねばねばネットの効果を受けるようになります。

浮いている状態ではエレキフィールドなどの影響は受けませんが、地面にいる状態になると、各種フィールドの効果を受けるようになります。

持ち物ふうせんを持っている場合、じゅうりょくではふうせんは壊れませんが、地面にいる状態になります。

 

その他

お互いの場に効果のある技ですが、天気に関係する技と違い、じゅうりょくターンを延長する道具はありません。

きりばらいキョダイフウゲキによってフィールドや場の状態は解除されますが、じゅうりょくはこれらの技で解除されることはありませんターン経過によってのみ、解除されます。

 

タイトルとURLをコピーしました