【ポケモン剣盾】カウンターは特性マルチスケイルで半減される?

ソード・シールド
スポンサーリンク

受けた物理ダメージを倍返しする技、カウンター。そして相手からのダメージを半減する特性、マルチスケイル。

今回は、特性マルチスケイルのポケモンに対してカウンターを使った時のダメージについて解説します。

結論だけ見たい方はこちらでジャンプ

カウンターについて

概要

カウンター
分類 ぶつり
タイプ かくとう
PP 20
命中 100
対象 不定(最後に攻撃を受けた相手)
効果 自身が受けた物理ダメージの
2倍を相手に与える。
必ず後攻になる(優先度:-5)。

      使い方

      相手の物理技を読んで使うことで、本来相性で不利な相手でも、強引に突破することが可能です。また、ダメージ量を多くするために、きあいのタスキを持たせて使うことが多いです。

      自身のHPが低いポケモンが使うと、ダイマックスした相手に対してHPを削り切れないこともあるので、注意が必要です。

      補足

      同様の効果を持つ技に、ミラーコートがあります。こちらは、相手からの特殊ダメージを倍返しする技です。

       

      マルチスケイルについて

      概要

      自身の残りHPが最大の時、受けるダメージを半減する特性です。

      連続攻撃技に対しては、最初の一撃のみ半減します。特性かたやぶりの相手からのダメージは半減できませんない。

      また、ちきゅうなげいかりのまえばといった、ダメージ固定技によるダメージは半減されません。

       

      この特性のポケモン

      カイリュー、ルギアの2種類が特性をこの特性をもち、いずれも隠れ特性です。

       

      結論

      マルチスケイルは、固定ダメージは半減することができません。

      カウンターによるダメージは固定ダメージとみなされるため、カウンターで与えるダメージは、マルチスケイルによって半減されることはありません。

       

      タイトルとURLをコピーしました