ポケモンは全部で何種類いる?【ゲームポケモン】

ポケモンその他
スポンサーリンク

20年以上続くゲーム、『ポケットモンスター』シリーズ。今までに登場したポケモンは、どれくらいいるのでしょうか。

今回は、世代ごとに登場したポケモンの数と、全部で何種類いるかをまとめました。

ポケモンの世代ごとの変化についてはこちら。

ポケモンの種類の数え方

ここでは、図鑑ナンバーが同じポケモンを1種類として数えます。複数のフォルムを持つポケモンや、リージョンフォームを持つポケモンは別々にカウントせず、同じ種類として数えます。

例えば、ロトムは複数のフォルムを持ちますが、まとめて1種類とします。ニャースはアローラのすがたやガラルのすがたがありますが、これらも1種類として数えます。

↑ロトムとして1種類

↑ニャースとして1種類

リージョンフォームのポケモンについてはこちら

 

各世代ごとのポケモンの種類

第1世代

第1世代のソフトは、『ピカチュウ』です。

ここで登場したポケモンは、151種類です。図鑑No.151のミュウは当時、通常プレイでは手に入らず、配布でしか入手できませんでした。

 

第2世代

第2世代のソフトは、『クリスタル』です。

色違いや♂・♀の概念が登場しましたが、ここではそれらを分けずにカウントします。(ニドラン♂とニドラン♀のみ、図鑑ナンバーの異なる別の種類としてカウントします)

アンノーンも数多くの姿がありますが、1種類とします。

新規ポケモンは、100種類です。
ここまでの合計は、251種類です。

 

第3世代

第3世代のソフトは、『ルビーサファイアエメラルド』です。また、初代のリメイク作品である『ファイアレッドリーフグリーン』も発売されました。

ポワルンやデオキシスのフォルムチェンジ、パッチールの模様違いなどがありますが、これらも分けずにそれぞれを1種類としてカウントします。

新規ポケモンは、135種類です。
ここまでの合計は、386種類です。

 

第4世代

第4世代のソフトは、『ダイヤモンドパールプラチナ』。その後、『金・銀・クリスタル』のリメイク作品、『ハートゴールドソウルシルバー』も発売されました。

ドサイドンやジバコイルなど、既存のポケモンの新たな進化系が多く追加されました。

新規ポケモンは、107種類です。
ここまでの合計は、493種類です。

第5世代

第5世代のソフトは、『ブラックホワイト・ブラック2ホワイト2』です。

季節の概念があり、シキジカやメブキジカは季節によって姿が変化しますが、ここではそれらを分けずに1種類とします。

新規ポケモンは、156種類です。
ここまでの合計は、649種類です。

 

第6世代

第6世代のソフトは、『XY』です。また、『ルビー・サファイア・エメラルド』のリメイク作品である『オメガルビーアルファサファイア』があります。

メガシンカやゲンシカイキによって姿が変わるポケモンが登場しましたが、ここでは分けずに1種類とします。

新規ポケモンは、72種類です。
ここまでの合計は、721種類です。

 

第7世代

第7世代のソフトは、『サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』と、『Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』です。

リージョンフォームが追加され、地方によって姿の違うポケモンが登場しましたが、図鑑ナンバーが同じであるため、1種類とします。

『サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』で86種類
『Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ』では、メルタンとメルメタルの2種類が追加されました。

ここまでの合計は、809種類です。

 

第8世代 [ソード・シールド]

第8世代のソフトは、『ソード・シールド』です。エキスパンションパス(追加コンテンツ)として鎧の孤島・冠の雪原も発売されました。

ソード・シールドでは、キョダイマックスによって姿が変わるポケモンが登場しましたが、ここでは分けずに、1種類とします。

ソード・シールドでの新規ポケモンは、81種類です。

鎧の孤島ではダクマ、ウーラオスの2種類が、
冠の雪原ではレジエレキ、レジドラゴ、ブリザポス、レイスポス、バドレックスの5種類が追加されました。

これに加えて、映画の前売り券や入場特典での配布でザルードが追加され、合計では89種類が確認されています。

ここまでの合計は、898種類となりました。

第8世代 [ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール]

『ダイヤモンド・パール』のリメイク作品である『ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』。

こちらでは、新規のポケモンは登場しません。

第8世代 [LEGENDS アルセウス]

2022年発売のソフト、『Pokémon LEGENDS アルセウス』。

既存のポケモンの新たな進化先など、7匹の新ポケモンが登場しました。リージョンフォーム「ヒスイのすがた」を持つポケモンについては、ここではカウントしません。

レジェンズアルセウスでの新規ポケモンは7種類です。

合計は、905種類となりました。

 

第9世代

2022年11月に発売予定のソフト、『スカーレット・バイオレット』。

現時点では最初の3匹と、
パモ、グルトン、ミニーブ、パピモッチ、
ハルクジラ、モトトカゲ、タギングル、ガケガニ、
グレンアルマ、ソウブレイズ、
さらに『スカーレット』の伝説ポケモンであるコライドン、『バイオレット』の伝説ポケモンであるミライドンが公開されています。

今後、新ポケモンの情報が公開されていくと思いますが、現時点での判明分はこの15種類です。

ここまでの合計は、920種類となりました。

 

各世代の新ポケモン数一覧

各世代で登場したポケモンの種類をまとめると、次のようになります。

世代本編ソフト新規の
ポケモン
その世代
までの合計
第1世代赤・緑・青・ピカチュウ151151
第2世代金・銀・クリスタル100251
第3世代ルビー・サファイア・エメラルド・
ファイアレッド・リーフグリーン
135386
第4世代ダイヤモンド・パール・プラチナ・
ハートゴールド・ソウルシルバー
107493
第5世代ブラック・ホワイト・
ブラック2・ホワイト2
156649
第6世代X・Y・
オメガルビー・アルファサファイア
72721
第7世代
サン・ムーン・
ウルトラサン・ウルトラムーン
86809
Let’s Go! ピカチュウ・
Let’s Go! イーブイ
2
第8世代ソード・シールド・
鎧の孤島・冠の雪原
89905
ブリリアントダイヤモンド・
シャイニングパール
0
LEGENDS アルセウス7
第9世代スカーレット・バイオレット(15)(920)

すでに発売された『レジェンズアルセウス』までに登場したポケモンは、905種類です。

今後発売される『スカーレット・バイオレット』に登場するポケモンを合計すると、917種類です。(『スカーレット・バイオレット』の新ポケモンは、9月1日時点での判明分であり、暫定の数字です。)

また、フォルムチェンジなどの見た目の違いを合わせると、その数は1400種類以上です。

タイトルとURLをコピーしました