【赤緑からSVまで】歴代ジムリーダーの一覧【ゲームポケモン】

歴代〇〇
スポンサーリンク

『ポケットモンスター』シリーズでは、これまでに数多くのジムリーダーが登場してきました。

この記事では、歴代シリーズに登場するジムリーダーを紹介します。

はじめに

ゲーム『ポケットモンスター』シリーズの多くでは、各地のジムリーダーを倒してジムバッジを入手し、ポケモンリーグに挑戦して最強のポケモントレーナーを目指すというのが大きなストーリーの流れになっています。

ジムリーダーとは、ポケモンの強さを競う施設「ポケモンジム」の責任者です。その地方のポケモンジムをすべて制覇することで、ポケモンバトルの最高峰「ポケモンリーグ」への挑戦権が得られます。また、四天王とチャンピオンは、ポケモンリーグの最上位の実力者たちです。

この記事では、『赤・緑』から『スカーレット・バイオレット』までの各地方で登場するジムリーダーを紹介していきます。

名前から選んでジャンプすることもできます。

※アローラ地方やヒスイ地方に「ジムリーダー」という役職はありませんが、ほかの作品でのジムリーダーに相当する実力者として登場するキャラクターを紹介します。

歴代の四天王・チャンピオンはこちら

 

カントー地方

『赤・緑・青・ピカチュウ』では

『赤・緑・青・ピカチュウ』には8人のジムリーダーが登場します。

タケシ

タケシはニビシティのジムリーダーで、いわタイプのエキスパートです。「つよくて かたい いしの おとこ」と呼ばれています。勝利すると、グレーバッジが手に入ります。

物語で初めて挑むジムリーダーで、最初にフシギダネ(くさタイプ)やゼニガメ(みずタイプ)を選んでいれば楽に倒せますが、ヒトカゲ(ほのおタイプ)を選ぶとかなり苦戦します。

一覧に戻る

カスミ

カスミはハナダシティのジムリーダーで、みずタイプのエキスパートです。別名「おてんば にんぎょ」のカスミ。勝利すると、ブルーバッジが手に入ります。

“みずタイプのポケモンで攻めて攻めて攻めまくること”をポリシーにしています。

一覧に戻る

マチス

マチスはクチバシティのジムリーダーで、でんきタイプのエキスパートです。初代でのキャッチコピーは「イナズマ アメリカン!」。勝利すると、オレンジバッジが手に入ります。

元軍人であり、ジムのトレーナーからはマチス少佐と呼ばれています。

一覧に戻る

エリカ

エリカはタマムシシティのジムリーダーで、くさタイプのエキスパートです。おっとりした性格の「しぜんを あいする おじょうさま」です。勝利すると、レインボーバッジが手に入ります。

一覧に戻る

キョウ

キョウはセキチクシティのジムリーダーで、どくタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「どくの ことなら なんでも ござれ」。勝利すると、ピンクバッジが手に入ります。

忍者の末裔であり、ジム内は見えない壁で進みづらい造りになっています。

一覧に戻る

ナツメ

ナツメはヤマブキシティのジムリーダーで、エスパータイプのエキスパートです。自身も超能力者で、「エスパーしょうじょ」と呼ばれて幼いころから超能力を使うことができました。勝利すると、ゴールドバッジが手に入ります。

一覧に戻る

カツラ

カツラはグレンタウンのジムリーダーで、ほのおタイプのエキスパートです。科学者であり、白衣を着た姿をしています。また、ジム内でポケモンクイズを出すほどのクイズ好きで、「ねっけつ クイズおやじ」の異名があります。勝利すると、クリムゾンバッジが手に入ります。

一覧に戻る

サカキ

サカキはトキワシティのジムリーダーで、じめんタイプのエキスパートです。最初に訪れたときトキワジムには入れませんが、カントー地方をめぐる冒険の末に、ジムリーダーに挑めるようになります。その正体はロケット団のボスであり、この戦いでロケット団との因縁に決着がつきます。勝利すると、グリーンバッジが手に入ります。

一覧に戻る

 

『金・銀・クリスタル』では

『金・銀・クリスタル』では、セキチクシティとトキワシティのジムリーダーが新しくなっています。

アンズ

アンズはセキチクシティのジムリーダーで、どくタイプのエキスパートです。前任のキョウの娘であり、忍者装束に身を包んでいます。キャッチコピーはキョウと同じく、「どくの ことなら なんでも ござれ」。勝利すると、ピンクバッジが手に入ります。

『金・銀・クリスタル』では、キョウは四天王の1人になっています。

一覧に戻る

グリーン

グリーンはトキワシティのジムリーダーで、特定のタイプにこだわりはありません。失踪したサカキに変わり、ジムリーダーをつとめています。勝利すると、グリーンバッジが手に入ります。

一覧に戻る

 

ジョウト地方

『金・銀・クリスタル』には16人のジムリーダーが登場します。ジョウト地方の8人に勝利することでポケモンリーグに挑戦でき、さらにゲームを進めるとカントー地方でジムリーダーと対戦することができます。

ここではジョウト地方の8人のジムリーダーを紹介します。

ハヤト

ハヤトはキキョウシティのジムリーダーで、ひこうタイプのエキスパートです。「かれいなる ひこうポケモン つかい」と呼ばれています。勝利すると、ウイングバッジが手に入ります。

一覧に戻る

ツクシ

ツクシはヒワダタウンのジムリーダーで、むしタイプのエキスパートです。「あるく むしポケ だいひゃっか」の異名があり、虫取り網を持った姿で描かれることが多いです。勝利すると、インセクトバッジが手に入ります。

一覧に戻る

アカネ

アカネはコガネシティのジムリーダーで、ノーマルタイプのエキスパートです。関西弁(コガネ弁)を話す明るい女の子で、キャッチコピーは「ダイナマイト プリティ ギャル」。勝利するとレギュラーバッジが手に入ります。

一覧に戻る

マツバ

マツバはエンジュシティのジムリーダーで、ゴーストタイプのエキスパートです。超能力者であり、「せんりがんを もつ しゅげんじゃ」と言われています。勝利すると、ファントムバッジが手に入ります。

一覧に戻る

シジマ

シジマはタンバシティのジムリーダーで、かくとうタイプのエキスパートです。「うなる こぶしで たたかう おとこ」と呼ばれる格闘家です。勝利すると、ショックバッジが手に入ります。

一覧に戻る

ミカン

ミカンはアサギシティのジムリーダーで、はがねタイプのエキスパートです。「てっぺき ガードの おんなのこ」であり、『金・銀』で初登場したはがねタイプで戦います。勝利すると、スチールバッジが手に入ります。

一覧に戻る

ヤナギ

ヤナギはチョウジタウンのジムリーダーで、こおりタイプのエキスパートです。「ふゆの きびしさを おしえるもの」と呼ばれ、トレーナー歴は40年以上、ジョウトのジムリーダーでは最年長です。勝利すると、アイスバッジが手に入ります。

一覧に戻る

イブキ

イブキはフスベシティのジムリーダーで、ドラゴンタイプのエキスパートです。「せいなる ドラゴンポケモン つかい」のキャッチコピーがあります。負けず嫌いな性格であり、勝利しただけではジムバッジはもらえません。ジム戦後に、街の北部にある「りゅうのあな」での試練をクリアすることでライジングバッジが手に入ります。

チャンピオンのワタルとは、いとこ同士の関係です。

一覧に戻る

スポンサーリンク

ホウエン地方

『ルビー・サファイア』では

『ルビー・サファイア』には9人のジムリーダーが登場します。そのうちの2人は、2人で1つのジムを守るジムリーダーです。

ツツジ

ツツジはカナズミシティのジムリーダーで、いわタイプのエキスパートです。いわにときめく ゆうとうせいと呼ばれる秀才です。勝利すると、ストーンバッジが手に入ります。

一覧に戻る

トウキ

トウキはムロタウンのジムリーダーで、かくとうタイプのエキスパートです。「かくとう ビッグウェーブ」の異名があり、サーフィンを趣味にしています。勝利すると、ナックルバッジが手に入ります。

一覧に戻る

テッセン

テッセンはキンセツシティのジムリーダーで、でんきタイプのエキスパートです。陽気な性格の中年男性で、「あっかるい でんげき オヤジ」がキャッチコピーです。勝利するとダイナモバッジが手に入ります。

一覧に戻る

アスナ

アスナはフエンタウンのジムリーダーで、ほのおタイプのエキスパートです。「やけど しそうな じょうねつの ひと」と呼ばれる熱血な性格で、祖父はどこかの地方で四天王をしていたそうです。勝利すると、ヒートバッジが手に入ります。

一覧に戻る

センリ

センリはトウカシティのジムリーダーで、ノーマルタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「つよさを おいもとめる おとこ」。主人公の父親でもあり、ジムバッジを4つ手に入れると、戦えるようになります。勝利すると、バランスバッジが手に入ります。

新しくジムリーダーに就任した際に、ジョウトに住む家族をホウエンに呼び寄せており、主人公がミシロタウンに引っ越してきたところから物語は始まります。

一覧に戻る

ナギ

ナギはヒワマキシティのジムリーダーで、ひこうタイプのエキスパートです。「せかいに はばたく とりつかい」と呼ばれ、飛行服を着た姿で戦います。勝利すると、フェザーバッジが手に入ります。

一覧に戻る

フウとラン

フウとランはトクサネシティのジムリーダーで、エスパータイプのエキスパートです。双子であり、髪の短い方が男の子のフウ、髪の長い方が女の子のランです。キャッチコピーは「しんぴの コンビネーション」で、ダブルバトルで戦う、2人で1人のジムリーダーです。勝利すると、マインドバッジが手に入ります。

一覧に戻る

ミクリ

ミクリはルネシティのジムリーダーで、みずタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「みずの イリュージョニスト」であり、優雅で美しいバトルスタイルを信条にしています。勝利すると、レインバッジが手に入ります。

一覧に戻る

 

『エメラルド』では

『エメラルド』では、ルネシティのジムリーダーが変わっています。

アダン

アダンはルネシティのジムリーダーで、みずタイプのエキスパートです。ミクリの師匠であり、『エメラルド』でチャンピオンを務めるミクリの後任としてジムリーダーに就任しました。キャッチコピーは「みわくの ダンディ」。勝利すると、レインバッジが手に入ります。

一覧に戻る

 

シンオウ地方

『ダイヤモンド・パール・プラチナ』には8人のジムリーダーが登場します。

ヒョウタ

ヒョウタはクロガネシティのジムリーダーで、いわタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「ザ・ロック といわれる おとこ」。主人公とは、クロガネ炭鉱の奥で出会います。勝利すると、コールバッジが手に入ります。

一覧に戻る

ナタネ

ナタネはハクタイシティのジムリーダーで、くさタイプのエキスパートです。「はえる みどりの ポケモンつかい」と呼ばれ、快活な性格の女性ですが、幽霊が苦手という一面もあります。勝利すると、フォレストバッジが手に入ります。

一覧に戻る

スモモ

スモモはトバリシティのジムリーダーで、かくとうタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「はだしの てんさい かくとうむすめ」。父親がゲームコーナーに入り浸っているせいで、貧しい暮らしをしています。勝利すると、コボルバッジが手に入ります。

一覧に戻る

マキシ

マキシはノモセシティのジムリーダーで、みずタイプのエキスパートです。「ウォーター ストリーム マスクマン」と呼ばれ、「マキシマム仮面」を名乗る覆面レスラーでもあります。勝利すると、フェンバッジが手に入ります。

一覧に戻る

メリッサ

メリッサはヨスガシティのジムリーダーで、エスパータイプのエキスパートです。「みわくの ソウルフル ダンサー」の異名があり、コンテストにも参加しています。勝利すると、レリックバッジが手に入ります。

一覧に戻る

トウガン

トウガンはミオシティのジムリーダーで、はがねタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「こうてつ ボディの おとこ」。ヒョウタの父親でもあり、鉱山で修業をしています。勝利すると、マインバッジが手に入ります。

一覧に戻る

スズナ

スズナはキッサキシティのジムリーダーで、こおりタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「ダイヤモンドダスト ガール」。「気合い」を大事にしており、バトルにもオシャレにも情熱を燃やしています。勝利すると、グレイシャバッジが手に入ります。

一覧に戻る

デンジ

デンジはナギサシティのジムリーダーで、でんきタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「かがやき しびれさせる スター」。自分のジムを改造しすぎて街を停電させたことがあり、物語の終盤までナギサシティに入ることはできませんでした。勝利すると、ビーコンバッジが手に入ります。

一覧に戻る

 

イッシュ地方

『ブラック・ホワイト』では

『ブラック・ホワイト』には11人のジムリーダーが登場します。3人で1つのジムを守ったり、ソフトによってジムリーダーが違うなどのバリエーションがあります。

ポッドとデントとコーン

ポッド、デント、コーンはサンヨウシティのジムリーダーで、それぞれがほのおくさみずタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「トライアル トライアングル」。赤い髪がポッド、緑の髪がデント、青い髪がコーンです。3人全員と戦うわけではなく、主人公が最初に選んだポケモンの苦手なタイプを使う相手と戦います。勝利すると、トライバッジが手に入ります。

一覧に戻る

アロエ

アロエはシッポウシティのジムリーダーで、ノーマルタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「ナチュラル ボーン ママ」。シッポウ博物館の館長も務めており、夫は副館長です。勝利すると、ベーシックバッジが手に入ります。

一覧に戻る

アーティ

アーティはヒウンシティのジムリーダーで、むしタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「モスト インセクト アーティスト」。ヒウンシティで人気の芸術家でもあります。勝利すると、ビートルバッジが手に入ります。

一覧に戻る

カミツレ

カミツレはライモンシティのジムリーダーで、でんきタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「シャイニング ビューティ」。モデルの仕事もしており、テレビに出演することもあります。勝利すると、ボルトバッジが手に入ります。

一覧に戻る

ヤーコン

ヤーコンはホドモエシティのジムリーダーで、じめんタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「アンダーグラウンド ボス」。鉱山経営者であり、「鉱山王」の異名もあります。勝利すると、クエイクバッジが手に入ります。

一覧に戻る

フウロ

フウロはフキヨセシティのジムリーダーで、ひこうタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「おおぞらの ぶっとびガール」。航空機のパイロットであり、飛行服に身を包んでいます。勝利すると、ジェットバッジが手に入ります。

一覧に戻る

ハチク

ハチクはセッカシティのジムリーダーで、こおりタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「アイス マスク」。目元を長い布で隠し、上半身は羽織の片方をはだけており、かなり奇抜なファッションです。勝利すると、アイシクルバッジが手に入ります。

一覧に戻る

シャガ

シャガは『ブラック』でのソウリュウシティのジムリーダーで、ドラゴンタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「スパルタン メイヤー」。ソウリュウシティの市長でもあります。勝利すると、レジェンドバッジが手に入ります。

一覧に戻る

アイリス

アイリスは『ホワイト』でのソウリュウシティのジムリーダーで、ドラゴンタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「りゅうの こころを しる むすめ」。イッシュ地方のジムリーダーの中では最年少です。勝利すると、レジェンドバッジが手に入ります。

一覧に戻る

 

『ブラック2・ホワイト2』では

『ブラック2・ホワイト2』では、ポッドとデントとコーン、アロエ、ハチクがジムリーダーを退いて、3名のトレーナーが新しくジムリーダーに就任しています。

また、『ホワイト』ではソウリュウのジムリーダーはアイリスでしたが、今作ではどちらのバージョンでもシャガがジムリーダーを務めています。

チェレン

チェレンはヒオウギシティのジムリーダーで、ノーマルタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「しんりを もとめる もの」。ジムは学校になっており、チェレンは教師でもあります。勝利すると、ベーシックバッジが手に入ります。

『ブラック・ホワイト』では、ノーマルタイプのジムリーダーはアロエが務めていましたが、博物館の仕事が忙しくなったことからチェレンに後を譲っています。

一覧に戻る

ホミカ

ホミカはタチワキシティのジムリーダーで、どくタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「ポイズンライフ ポイズンライブ!」。バンドのボーカルを務めており、ジムはライブハウスになっています。勝利すると、トキシックバッジが手に入ります。

一覧に戻る

シズイ

シズイはセイガイハシティのジムリーダーで、みずタイプのエキスパートです。「うみよりも うみな おとこ」と呼ばれる、海が大好きな海の男です。基本的に海以外に興味を示しません。勝利すると、ウェーブバッジが手に入ります。

一覧に戻る

 

カロス地方

『X・Y』では8人のジムリーダーが登場します。

一覧に戻る

ビオラ

ビオラはハクダンシティのジムリーダーで、むしタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「えがおを みのがさない カメラガール」。カメラマンとしての仕事もしています。勝利すると、バグバッジが手に入ります。

一覧に戻る

ザクロ

ザクロはショウヨウシティのジムリーダーで、いわタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「ワイルド マイルド ロッククライマー」。ジム内はボルダリングのアスレチックになっていて、その頂上で待ち構えています。勝利すると、ウォールバッジが手に入ります。

一覧に戻る

コルニ

コルニはシャラシティのジムリーダーで、かくとうタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「エボリューション ファイター」。ジムリーダーであると同時に、メガシンカを伝える継承者でもあります。勝利すると、ファイトバッジが手に入ります。

一覧に戻る

フクジ

フクジはヒヨクシティのジムリーダーで、くさタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「いまなお はなをさかす ろうじゅ」。庭師のような恰好をした老人で、園芸用のハサミを持っています。勝利すると、プラントバッジが手に入ります。

一覧に戻る

シトロン

シトロンはミアレシティのジムリーダーで、でんきタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「せかいを あかるくする はつめいか」。背負ったリュックからは、自身が発明した、エイパムの手とエレザードの襟を模した機械のアームが伸びています。勝利すると、ボルテージバッジが手に入ります。

一覧に戻る

マーシュ

マーシュはクノエシティのジムリーダーで、フェアリータイプのエキスパートです。キャッチコピーは「れきしの くにから きた おとめ」。デザイナーでもあり、来ている振袖は自身がデザインしたものです。勝利すると、フェアリーバッジが手に入ります。

一覧に戻る

ゴジカ

ゴジカはヒャッコクシティのジムリーダーで、エスパータイプのエキスパートです。キャッチコピーは「ほしあかりで みちを つくる ひと」。ジムは宇宙空間を進む迷路のようになっています。勝利すると、サイキックバッジが手に入ります。

一覧に戻る

ウルップ

ウルップはエイセツシティのジムリーダーで、こおりタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「あつく あつい けんぴょう」。口癖は「あれだよ」。勝利すると、アイスバーグバッジが手に入ります。

一覧に戻る

スポンサーリンク

アローラ地方

『サン・ムーン』『ウルトラサン・ウルトラムーン』の舞台であるアローラ地方には、ジムリーダーという役職はありません。その代わり、4つの島に「しまキング」や「しまクイーン」がいて、彼らに挑戦する「大試練」が、トレーナーの実力を測るものになります。

また、各島にいる「キャプテン」の試練をクリアすることが、大試練に挑戦する条件となっています。

しまキング、しまクイーン

ハラ

ハラはメレメレ島のしまキングで、かくとうタイプに精通しています。主人公のライバルであるハウの祖父でもあります。『サン・ムーン』では、ハラから御三家ポケモンを受け取ることになります。

一覧に戻る

ライチ

ライチはアーカラ島のしまクイーンで、いわタイプに精通しています。コニコシティでジュエリーショップを営んでおり、体中に宝石の装飾品をつけています。

一覧に戻る

クチナシ

クチナシはウラウラ島のしまキングで、あくタイプに精通しています。元は国際警察の捜査官で、今は警察官を務めています。無表情でやる気のない雰囲気ですが、人望があり人情的な性格である描写もあります。

一覧に戻る

ハプウ

ハプウはボニ島のしまクイーンで、じめんタイプに精通しています。バンバドロに乗って各島をめぐっており、たびたび主人公に力を貸してくれます。ボニ島の先代しまキングの孫であり、物語中でしまクイーンの座に就きました。

一覧に戻る

 

キャプテン

イリマ

イリマはメレメレ島のキャプテンで、ノーマルタイプに精通しています。ハウオリシティにあるトレーナーズスクールの出身であり、プール付きの実家に使用人もいたりと、裕福な家の生まれです。

一覧に戻る

スイレン

スイレンはアーカラ島のキャプテンで、みずタイプに精通しています。みずタイプのトレーナーらしく釣り好きで、試練をクリアすると釣り竿を分けてくれます。また、「ホウ」と「スイ」という2人の妹がいます。

一覧に戻る

カキ

カキはアーカラ島のキャプテンで、ほのおタイプに精通しています。ダンサーでもあり、アローラガラガラと共に、アローラ地方に伝わる踊りを学んでいます。

一覧に戻る

マオ

マオはアーカラ島のキャプテンで、くさタイプに精通しています。実家は食堂を営んでおり彼女自身も料理好きですが、そのセンスはかなり独特です。

一覧に戻る

マーマネ

マーマネはウラウラ島のキャプテンで、でんきタイプに精通しています。通信や対戦のやりこみ要素である「フェスサークル」の開発者であり、オーナーも務めています。

一覧に戻る

アセロラ

アセロラはウラウラ島のキャプテンで、ゴーストタイプに精通しています。無邪気な性格で、クチナシのことを「おじさん」と呼んで慕っています。主人公には、「スーパー・メガやす」の跡地で「ぬしポケモン」のミミッキュを探し出して撮影するという試練を与えます。

一覧に戻る

マツリカ

マツリカはボニ島のキャプテンで、フェアリータイプに精通しています。画家としても活動しており、各地を放浪しています。『Let’s GO! ピカチュウ・Let’s GO! イーブイ』にも、今よりも若い姿で登場しています。

一覧に戻る

 

ガラル地方

『ソード・シールド』の舞台、ガラル地方のジムは他の地方と少し異なり、興行としての側面が大きいものになっています。「ジムチャレンジ」というイベントが開催され、挑戦者は、ガラル地方に点在する「スタジアム」でジムリーダーに戦いを挑むことになります。

ポケモンジムと呼ばれる施設は無く、スタジアムがその代わりになっています。「ジムチャレンジ」を勝ち進んでバッジを8個集めた挑戦者は、「チャンピオンカップ」に出場できるようになります。

各バージョンによって登場するジムリーダーが一部異なったり、ストーリー中で新しいジムリーダーに交代したりするので、合計すると12人のジムリーダーが登場します。

ヤロー

ヤローはターフタウンのジムリーダーで、くさタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「ファイティング ファーマー」。温厚な性格で、相手が弱いと全力を出せないという欠点があり、挑戦者たちを最初にふるいにかける役割を任されています。勝利すると、くさバッジが入手できます。

一覧に戻る

ルリナ

ルリナはバウタウンのジムリーダーで、みずタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「レイジング ウェイブ」。人気モデルとしても活動しています。勝利すると、みずバッジが入手できます。

一覧に戻る

カブ

カブはエンジンシティのジムリーダーで、ほのおタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「いつまでも もえる おとこ」。過去何度かチャンピオンになれるチャンスがありながら一歩及ばなかったり、マイナークラスに降格した時期もあったりと、苦労した過去を持つベテランのジムリーダーです。勝利すると、ほのおバッジが入手できます。

一覧に戻る

サイトウ

サイトウは『ソード』のラテラルタウンのジムリーダーで、かくとうタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「ガラルカラテの もうしご」。礼儀正しく、ストイックに自らを鍛えていますが、スイーツ好きの一面もあります。勝利すると、かくとうバッジが入手できます。

一覧に戻る

オニオン

オニオンは『シールド』のラテラルタウンのジムリーダーで、ゴーストタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「サイレントボーイ」。内気な性格で、常に仮面をつけています。勝利すると、ゴーストバッジが入手できます。

一覧に戻る

ポプラ

ポプラはアラベスクタウンのジムリーダーで、フェアリータイプのエキスパートです。キャッチコピーは「ファンタスティック シアター」。実に70年もの間、ジムリーダーの座に就いている大ベテランです。勝利すると、フェアリーバッジが入手できます。

一覧に戻る

マクワ

マクワは『ソード』のキルクスタウンのジムリーダーで、いわタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「ハードロック クラッシャー」。見た目とは裏腹に礼儀正しく、女性からの人気も高いです。勝利すると、いわバッジが入手できます。

一覧に戻る

メロン

メロンは『シールド』のキルクスタウンのジムリーダーで、こおりタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「ジ・アイス」。『ソード』版でのジムリーダーであるマクワの母親であります。勝利すると、こおりバッジが入手できます。

一覧に戻る

ネズ

ネズはスパイクタウンのジムリーダーで、あくタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「ノーダイマックス」。ジムリーダーの中で唯一ダイマックスを使わないトレーナーです。勝利すると、あくバッジが入手できます。

一覧に戻る

キバナ

キバナはナックルシティのジムリーダーで、ドラゴンタイプのエキスパートです。キャッチコピーは「ドラゴンストーム」。チャンピオンのダンデとはライバル関係にあり、高い実力の持ち主です。勝利すると、ドラゴンバッジが入手できます。

一覧に戻る

ビート

 

ビートは物語の序盤ではジムチャレンジのライバルでしたが、物語中盤で参加資格をはく奪されてしまいます。その後、後継者を探していたポプラの目に留まり、物語終盤ではアラベスクタウンの後任のジムリーダーとなりました。ジムリーダーになってからは、ファイナルトーナメントで主人公と戦うことになります。

元々はエスパータイプをメインにして戦っていましたが、ポプラの影響でフェアリータイプを使うようになり、服装もピンク色に変わっています。

一覧に戻る

マリィ

マリィは当初はジムチャレンジのライバルでしたが、物語での一連の騒動の後、兄であるネズの後を継いでスパイクタウンのジムリーダーになりました。

ストーリークリア後は、スパイクタウンで1日1回、再戦が可能になっています。ネズと同じく、あくタイプのエキスパートです。

一覧に戻る

 

ヒスイ地方

『レジェンズアルセウス』の舞台であるヒスイ地方には、ジムリーダーという役職はありません。その代わり、「コンゴウ団」と「シンジュ団」という組織があり、特別なポケモンの世話を任された「キャプテン」たちがいます。

ほかの作品のジムリーダーに近いキャラクターですが、バトルをしないキャプテンも存在します。

コンゴウ団 団長

セキ

セキはコンゴウ団を率いる長で、リーフィアが相棒です。

ゆっくり待つ時間が苦手で、細かいことは気にせず突き進む豪快な性格です。シンジュ団の長であるカイとは、考え方の違いからしょっちゅうケンカをしています。

一覧に戻る

コンゴウ団 キャプテン

ヨネ

ヨネはコンゴウ団のキャプテンの一人です。「黒曜の原野」に生息する特別なアヤシシのお世話をしています。相棒のゴンべとは、きょうだいのように一緒に育った仲です。

無料アップデート「ヒスイの夜明け」では、ポケモンが広範囲で大量発生する「大大大発生」を主人公と一緒に調査することになります。

一覧に戻る

ヒナツ

ヒナツはコンゴウ団のキャプテンの一人です。クイーンのドレディアのお世話を任されています。誰よりも責任感の強い性格ですが、それゆえに一人で悩みを抱え込んでしまうこともあります。

物語を進めていくと、キャプテンの仕事の他に、コトブキムラで髪結いの仕事をするようになります。

一覧に戻る

ススキ

ススキはコンゴウ団のキャプテンの一人です。海岸の近くに暮らし、特別なイダイトウのお世話をしています。引っ込み思案で内気な性格ですが、優しい心を持った人物です。少し臆病な一面があり、ゴーストタイプのポケモンが苦手なようです。

一覧に戻る

ツバキ

ツバキはコンゴウ団のキャプテンの一人です。長であるセキのことを「アニキ」と呼び慕っています。気取っていて少し喧嘩腰ですが、コンゴウ団の仲間に対する想いは熱い人物です。キングの荒ぶりを「シンオウさまのご加護」と考え、鎮めることに反対の立場をとっています。

一覧に戻る

ワサビ

ワサビはコンゴウ団のキャプテンの一人です。ウォーグル(ヒスイのすがた)を任されています。全てのキャプテンの中でも最年少で、ヒスイのすがたのウォーグルに掴まれながら空を飛び回っています。時折未来が見えているかのような発言をするなど、不思議な雰囲気を持っています。

一覧に戻る

 

シンジュ団 団長

カイ

カイはシンジュ団の長で、相棒のポケモンはグレイシアです。

長として、ヒスイ地方の広大な大地を恐れぬ心を大切にしています。最初は主人公のことを疑わしく思っていましたが、キングを鎮める際に力を借りたことをきっかけに、信頼を寄せるようになります。

一覧に戻る

シンジュ団 キャプテン

キクイ

キクイはシンジュ団のキャプテンの一人です。「黒曜の原野」のキングである、バサギリのお世話をしています。まだ若いですが非常に優秀なため、キャプテンの役割を任されています。強くてかっこいいバサギリに憧れているようです。

一覧に戻る

ユウガオ

ユウガオはシンジュ団のキャプテンの一人です。不思議な加護を受けた特別なガチグマのお世話をしています。頑固なところがあり、ギンガ団やコンゴウ団のことを簡単には信用できずにいます。

一覧に戻る

ガラナ

ガラナはシンジュ団のキャプテンの一人です。ガーディ(ヒスイのすがた)を2匹連れており、1匹は先代の島キングの子供です。

主人公はカイから島キングの後継者を育成することを依頼され、ガラナと出会うことになります。

一覧に戻る

ノボリ

ノボリはシンジュ団のキャプテンの一人です。ひょんなことからヒスイ地方にやってきたトレーナーで、シンジュ団に救われたことがきっかけでシンジュ団に所属しています。

元々は『ブラック・ホワイト』の「バトルサブウェイ」に登場するサブウェイマスターですが、本作ではそのことは明かされず、ヒスイ地方に来る前の記憶は失ってしまっています。

一覧に戻る

ハマレンゲ

ハマレンゲはシンジュ団のキャプテンの一人です。雪の降る寒い地域で、ただひたすらに筋肉を鍛え続けています。

カイからは「ハマ先生」と呼ばれて慕われています。

一覧に戻る

パルデア地方

『スカーレット・バイオレット』の舞台、パルデア地方のジムバトルは決まった順番が無く、8つのジムを自由にめぐり、「チャンピオンランク」を目指します。

2022年9月時点で判明しているジムリーダーは、以下の2名です。

グルーシャ

グルーシャはナッペ山ジムのジムリーダーで、こおりタイプの使い手です。

普段はクールですが、バトルが白熱すると抑えている感情があらわれ、表情豊かになる一面もあると言われています。

一覧に戻る

コルサ

コルサはボウルタウンのジムリーダーで、くさタイプの使い手です。

ポケモン勝負を作品としてとらえて芸術性を見出しており、ジムテストでトレーナーの審美眼を試します。

一覧に戻る

タイトルとURLをコピーしました