【ゲームポケモン】これまでの世代を振り返る【第一から第八世代まで】

ポケモンその他
スポンサーリンク

ゲーム『ポケットモンスター』は、20年以上続く、大人気シリーズです。

作品タイトルが多いため、発売された時期ゲームシステムごとに区切って、第○世代という言い方をする場合があります。公式用語ではありません。

今回は、ゲーム『ポケットモンスター』の世代ごとに、通信面や対戦面の変化世代間のポケモンの移動について解説します。

概要

世代は、通信やポケモンの種類、道具などのゲームシステムの面から分類されています。世代の異なる作品では互換性が低いのが特徴です。

例えば、第一世代と第二世代では双方向にポケモン移動が可能ですが、第二世代第三世代ではデータの互換性がありません

また、第三世代以降では、旧世代から新世代に向けてのポケモンの移動は可能ですが、逆は不可能です。

 

対戦面では、世代が変わると、新しいバトル形式新タイプの追加など、大きな変更があります。

また、既存の道具特性などにも修正・変更が入り、実質的に前世代とは別の対戦環境になります。

世代ごとのソフト一覧

各ソフトと世代の関係は次の表のようになります。世代の下の数字は、ソフトの発売年です。

世代 本編ソフト 対応ハード
第一世代
1996~1998
赤・緑・青・ピカチュウ ゲームボーイ
第二世代
1999~2000
金・銀・クリスタル ゲームボーイカラー
第三世代
2002~2004
ルビー・サファイア・エメラルド・
ファイアレッド・リーフグリーン
ゲームボーイアドバンス
第四世代
2006~2009
ダイヤモンド・パール・プラチナ・
ハートゴールド・ソウルシルバー
ニンテンドーDS
第五世代
2010~2012
ブラック・ホワイト・
ブラック2・ホワイト2
ニンテンドーDS
第六世代
2013~2014
X・Y・
オメガルビー・アルファサファイア
ニンテンドー3DS
第七世代
2016~2018

サン・ムーン・
ウルトラサン・ウルトラムーン
ニンテンドー3DS
Let’s Go! ピカチュウ・Let’s Go! イーブイ Nintendo Switch
第八世代
2019
ソード・シールド・
鎧の孤島・冠の雪原
Nintendo Switch
ざっくり、世代の違いはハードごとの違いとも考えられますが、厳密には異なります。

世代ごとの違い

細かく見ていくとキリがないので、大きな変化点のみ、主に、後の世代でも採用されているものを以下にまとめます。

ただし、Let’s Go! ピカチュウLet’s Go! イーブイは他のシリーズとはシステムが大幅に異なるため、ここでは除外します

第一世代

記念すべき初代。

様々なポケモンを集めて図鑑の完成を目指し、強いポケモンを育てて最強のトレーナーを目指すという展開は、その後のシリーズでも受け継がれています。

ピカチュウ版では、ピカチュウがボールに入らず主人公の後ろを突いてくる、連れ歩きのような機能がありました。

現在、ニンテンドー3DSバーチャルコンソール版が発売しています。

 

通信機能

通信ケーブルによって、1人の相手とゲームボーイ同士を接続して、対戦交換が可能です。

今でこそ当たり前になっている通信機能ですが、当時は他のゲームに無い、画期的な要素でした。

画像は私が20年ぶりに引っ張り出してきた通信ケーブルです。

 

第二世代

ゲームボーイカラーにハードが変わり、ポケモンに色が着きましたね。

前作の3年後が舞台となっており、ジョウト地方を旅したのち、初代のカントー地方を冒険できるボリュームの大きさに驚いたものです。

また、クリスタル版以降のソフトでは、主人公の性別が選べるようになりました。(金・銀では選べません)

こちらも現在、ニンテンドー3DSバーチャルコンソール版が発売しています。

 

前世代からの変更点

システムとしては、以下の点が変更されました。

  • 時間の概念や、ポケモンの「なつき度」が追加され、特殊な条件で進化するポケモンが登場。
  • 色違いやポケモンの性別タマゴが追加。
        • ステータスの「とくしゅ」が「とくこう」「とくぼう」へ分離。
        • タイプ相性が一部変更され、あくタイプはがねタイプが追加。
          • ポケモンの「もちもの」が追加。

             

            通信機能

            第1世代と同じく、通信ケーブルによって、1人の相手と、対戦交換が可能です。

            また、赤外線通信で、「ふしぎなおくりもの」により、アイテムを受け取ることができます。

             

            世代間の移動

            第1世代とは互換性があり、通信交換によってポケモンを移動することができます。

            当時、私はゲームボーイポケットゲームボーイカラーをつないで、1人でポケモンを交換していた思い出があります。

             

            第三世代

            ハードがゲームボーイアドバンスに代わり、以前のシリーズとは繋がりを断った、全く新しいものになりました。

            特性やダブルバトルの登場など、今に至るポケモンバトルの土台を作った世代です。

            赤・緑がファイアレッドリーフグリーンとしてリメイクされましたね。

             

            前世代からの変更点

            • ポケモンの「せいかく」「とくせい」が追加。
              • ダブルバトルが追加。

               

              通信機能

              アドバンス専用の通信ケーブルでは、最大4台で通信が可能です。これにより、2対2でのマルチバトルも可能となりました。

              画像は私が15年ぶりに引っ張り出してきた通信ケーブルです。

              接続プラグに1Pと2Pがあり、ケーブルの中央のコネクタに別のケーブルの1Pプラグを接続できます。

              4人で使用する場合は、ケーブルが3本必要なんですよね。

              世代間の移動

              前世代とは互換性がなく、ポケモンを移動することはできません。

               

              第四世代

              ニンテンドーDSでのソフトとなり、上下の2画面を使った遊び方ができるようになりました。

              また、金・銀がハートゴールドソウルシルバーとしてリメイクされ、ゲーム内でポケモンの「連れ歩き」が可能でした。

               

              前世代からの変更点

              • これまでタイプ依存だった「ぶつり」技・「とくしゅ」技が、技ごとに決められた。
              • フレンドコードを交換した人と、通信交換や対戦が可能。
              • GTSにより、世界中の人と交換が可能。

               

              通信機能

              DSの無線通信機能により、ケーブルを介さず、無線での対戦・交換が出来るようになりました。

              また、Wi-Fiコネクションを用いてのインターネット対戦もこの世代で初めて実現しました。

              ランダム対戦を行うにはWiiソフトの「ポケモンバトルレボリューション」が必要でした。

               

              世代間の移動

              第三世代以前との通信は基本的に不可能です。

              しかし、ニンテンドーDSはゲームボーイアドバンス用のソフトも差せるようになっていて、第三世代のソフトのポケモンをこちらに移動させる事は可能です。

              ゲーム内では、パルパークという場所で使える機能です。

               

              第五世代

              従来シリーズから大きな革新があり、初めてポケモンに触れる人でも楽しめる作りになっています。

              また、ブラック・ホワイトでは、殿堂入りするまでは過去作に登場したポケモンは登場せず、捕獲する事も出来ません。

              そのため、従来シリーズに慣れ親しんだプレイヤーも、手探り状態で、新しいポケモンとの出会いを楽しめるようになっています。

               

              前世代からの変更点

              • フィールドに奥行きがあり、より立体的な表現になった。
              • ポケモンのグラフィックはドット絵だが、常時一定のアニメーションをする。
              • 隠れ特性が追加。
              • わざマシン何回でも使える。
              • トリプルバトルローテーションバトルが追加。
              • ランダム通信対戦の追加
              • バトルボックスの追加

               

              隠れ特性とは?

              隠れ特性とは、通常のプレイでは手に入らない、珍しい特性のことです。

              隠れ特性のポケモンを捕まえるためには、ポケモンドリームワールド(PDW)という、ブラック・ホワイトと連動しているウェブサイトでミニゲームをする必要がありました。

              PDWを使うには、ブラック・ホワイトのゲーム内でポケモンを寝かしつける必要があるため、夢で出会える特性から、プレイヤーの間では夢特性と呼ばれました。

               

              バトルボックスとは?

              対戦に使用するポケモンを預けることで、手持ちを入れ替えずに、預けたポケモンで対戦を行える機能です。

               

              通信機能

              赤外線通信に対応し、「すれちがい通信」が可能になりました。

              また、Wi-Fi通信によって、通信対戦のポケモンバトルにランダムマッチが導入され、この世代以降、世界中の人と対戦可能になりました。

              これ以降、インターネットによる通信機能は、当たり前のものになっていきました。

               

              世代間の移動

              DSを2台使うことで、第4世代のポケモンを、第5世代に移動することができます。

              ニンテンドーDSニンテンドー3DSを使って、せっせと1人でポケモンを移動させていた思い出があります。

              ゲーム内では、ポケシフターという機能です。

              第六世代

              ニンテンドー3DS専用ソフトとなり、ゲーム画面も3Dになりました。これにより、斜め移動が可能になりました。

              X・Yは、シリーズで初めて、世界同時発売されたタイトルですね。

              また、ルビー・サファイアのリメイク版である、オメガルビーアルファサファイアが発売されました。

               

              前世代からの変更点

              • ポケモンの鳴き声が変更。
              • 主人公の服装髪形を変更可能。
              • 戦った後の経験値が、手持ちポケモンすべてに入るように変更。
              • タイプ相性が一部変更。
              • フェアリータイプが追加。
              • メガシンカが追加。
              • 群れバトルスカイバトルさかさバトルが追加。
              • ミラクル交換が追加。

               

              世代間の移動

              3DSのダウンロードソフトのポケモンバンクを使うことで、インターネット上の自分専用のボックスに、合計3000匹のポケモンを預けられるようになりました。

              また、ポケムーバーを使うことで、ポケモンバンクを経由して、第5世代のポケモンを、X・Yへ送ることが可能となっています。

              ポケムーバーは、ポケモンバンクをダウンロードすると、追加でダウンロードできます。

               

              第七世代

              前世代と同じく3DSでのソフトですが、アローラ地方を舞台にして、全く新しい冒険が始まります。

              また、同じ種類のポケモンでも、その地方特有の見た目である「リージョンフォーム」が登場しました。

               

              前世代からの変更点

              • リージョンフォームが追加。
                • Zワザが追加。
                • ひでんマシンが廃止。
                • バトルロイヤルの追加。
                • トリプルバトルとローテーションバトル、群れバトル、スカイバトルが廃止。

                 

                世代間の移動

                前世代のポケモンは、ポケモンバンクから移動できます。

                また、3DSのバーチャルコンソール版の第1世代・第2世代から、ポケモンバンクを通じてポケモンを連れてくることができます。

                 

                第八世代

                ニンテンドースイッチで発売されたソフトです。

                2020年2月現在、ソード・シールドの2本がこの世代に該当します。

                 

                前世代からの変更点

                • ダイマックスキョダイマックスマックスレイドバトルが追加。
                • わざレコードの追加。
                • 「なかよし度」が追加され、「なつき度」が「なかよし度」に統合。
                • メガシンカ・Zワザが廃止。
                • バトルロイヤルが廃止。
                • 有料追加コンテンツ(エキスパンションパス)の配信。

                 

                世代間の移動

                ポケモンHOMEを使って、ポケモンバンクのポケモンをソード・シールドに移動させることが可能です。

                ポケモンHOMEについてはこちら。

                 

                おわりに

                どのソフトにもプレイしていた時の思い出があり、こんなに同じシリーズのゲームをやるとは、最初に遊んだときは思ってもいませんでした。

                すべての世代を一気に紹介したため、1個1個の内容は少なくなってしまいましたが、通信技術の発達や時代とともに、『進化』してきたゲームだと思っています。

                今後はどう進化してゆくのか、楽しみにしつつ、これからもポケモンを遊びつくしていきたいと思います。

                タイトルとURLをコピーしました