【ほのおタイプ】スカーレット・バイオレットに登場する炎ポケモン【ポケモンSV】

スカーレット・バイオレット
スポンサーリンク

今回は、スカーレット・バイオレットに登場するほのおタイプのポケモンを紹介します。

※この記事で扱っているのは発売前での情報です。

登場するほのおポケモン

新ポケモン

ホゲータ
タイプほのお
特性もうか

最初にもらえる3匹のうちの1匹。能力は不明ですが、ワニがモチーフであり、パワーのある戦い方が期待できそうです。

また、従来の御三家ポケモンと同様にさらに2段階進化すると思われ、進化系もほのおタイプと考えられます。

 

グレンアルマ
タイプほのお/エスパー
特性もらいび

『スカーレット』でのみ登場するグレンアルマ。

今作から新登場する「アーマーキャノン」という技を覚えます。ほのおタイプの特殊技であり、高い威力の代わりに、使うと自身の防御と特防が1段階ダウンします。

ソウブレイズ
タイプほのお/ゴースト
特性もらいび

『バイオレット』でのみ登場するソウブレイズ。

今作から新登場する「むねんのつるぎ」という技を覚えます。ほのおタイプの物理技であり、相手に与えたダメージの半分、自身のHPを回復します。

 

既存(内定)ポケモン

PVなどから、『スカーレット・バイオレット』に登場が判明しているポケモンを紹介します。従来作品での種族値、タイプ、特性を表記しますが、種族値は変わる可能性もあります。

ガーディ
種族値HP-攻撃-防御-特攻-特防-素早さ
55-70-45-70-50-60
タイプほのお
特性いかく
もらいび
(隠)せいぎのこころ

こいぬポケモンのガーディ。相手の攻撃ランクを下げる特性「いかく」はストーリー攻略でも役に立つと思われます。

また、『レジェンズアルセウス』で登場したヒスイ地方のガーディ、ウインディも、『ポケモンHOME』を通じて『スカーレット・バイオレット』に連れてこられる可能性があります。

 

ウインディ
種族値HP-攻撃-防御-特攻-特防-素早さ
90-110-80-100-80-95
タイプほのお
特性いかく
もらいび
(隠)せいぎのこころ

ガーディが「ほのおのいし」で進化するウインディ。全体的に能力が高く、どんな育て方もできるポケモンです。特性「いかく」により、疑似的に物理耐久を上げることができるのも魅力です。

 

ブースター
種族値HP-攻撃-防御-特攻-特防-素早さ
65-130-60-95-110-65
タイプほのお
特性もらいび
(隠)こんじょう

イーブイが「ほのおのいし」で進化するブースター。攻撃が高いため物理アタッカーとして起用できますが、物理耐久や素早さが低いため、それらを補う戦い方が必要になります。

 

デルビル
種族値HP-攻撃-防御-特攻-特防-素早さ
45-60-30-80-50-65
タイプあく/ほのお
特性はやおき
もらいび
(隠)きんちょうかん

特攻が高めのデルビル。あくタイプが複合のためエスパータイプを無効化できます。

 

ヘルガー
種族値HP-攻撃-防御-特攻-特防-素早さ
75-90-50-110-80-95
タイプあく/ほのお
特性はやおき
もらいび
(隠)きんちょうかん

デルビルがレベル24でヘルガーに進化します。攻撃・特攻・素早さが高いですが耐久はかなり低いです。相手を速攻で倒すアタッカーとしての働きが期待できます。

 

ドンメル
種族値HP-攻撃-防御-特攻-特防-素早さ
60-60-40-65-45-35
タイプほのお/じめん
特性どんかん
たんじゅん
(隠)マイペース

ほのおタイプとしては他のポケモンにはない特性を持っているのが個性です。能力ランクの変化が2倍になる「たんじゅん」が強力な特性です。

ドンメルはオスとメスで姿が違い、こぶの大きさが違います。こぶが小さい方がオス、こぶが大きい方がメスです。


オス


メス

 

バクーダ
種族値HP-攻撃-防御-特攻-特防-素早さ
70-100-70-105-75-40
タイプほのお/じめん
特性マグマのよろい
ハードロック
(隠)いかりのつぼ

ドンメルがレベル33でバクーダに進化します。攻撃と特攻が高く、素早さが低いポケモンです。

特性「ハードロック」は、効果抜群で受ける技のダメージを3/4にする効果です。耐久が高くないバクーダですが、新要素の「テラスタル」によって単タイプになれば、ハードロックにより弱点タイプに対してもある程度の耐久が得られます。

バクーダもオスとメスで姿が違い、ドンメルよりもわかりにくいですが、こぶの大きさが違います。こぶが小さい方がオス、こぶが大きい方がメスです。


オス


メス

 

コータス
種族値HP-攻撃-防御-特攻-特防-素早さ
70-85-140-85-70-20
タイプほのお
特性しろいけむり
ひでり
(隠)シェルアーマー

素早さは低いですが非常に高い物理耐久を持つコータス。特性「ひでり」により、天気を晴れ状態にできるのが特徴です。

 

ヒートロトム
種族値HP-攻撃-防御-特攻-特防-素早さ
50-65-107-105-107-86
タイプでんき/ほのお
特性ふゆう

ロトムがフォルムチェンジした姿の1つ。特性「ふゆう」により、弱点のじめんタイプを無効化します。アタッカーとしても、サポート型や受け型としても育成可能なカスタマイズ性の高いポケモンです。

 

ヒノヤコマ
種族値HP-攻撃-防御-特攻-特防-素早さ
62-73-55-56-52-84
タイプほのお/ひこう
特性ほのおのからだ
(隠)はやてのつばさ

ヤヤコマがレベル17で、ヒノヤコマに進化します。(ヤヤコマ時はノーマル・ひこうタイプ)

攻撃と特攻がやや高く、特性「ほのおのからだ」は、手持ちにいるとタマゴが孵化するための歩数が半減する効果があります。

 

ファイアロー
種族値HP-攻撃-防御-特攻-特防-素早さ
78-81-71-74-69-126
タイプほのお/ひこう
特性ほのおのからだ
(隠)はやてのつばさ

高い素早さを持ち、HP満タン時にひこうタイプの技を先制で使える特性「はやてのつばさ」が優秀です。

 

シシコ
種族値HP-攻撃-防御-特攻-特防-素早さ
62-50-58-73-54-72
タイプほのお/ノーマル
特性とうそうしん
きんちょうかん
(隠)じしんかじょう

特攻と素早さがやや高いシシコ。ノーマルタイプを持ち、ゴーストタイプを無効化できるほのおポケモンはシシコ系統のみです。

オスとメスで出現率に大きく違いがあり、オスは12.5%、メスは87.5%です。

 

カエンジシ
種族値HP-攻撃-防御-特攻-特防-素早さ
78-81-71-74-69-126
タイプほのお/ノーマル
特性とうそうしん
きんちょうかん
(隠)じしんかじょう

シシコがレベル35でカエンジシに進化します。特攻と素早さが高く、特殊アタッカーとして活躍が期待できます。

オスとメスで姿が大きく違います。オスは顔の周りにたてがみがあり、メスは頭だけにたてがみがあります。


オス


メス

 

オドリドリ[めらめらスタイル]
種族値HP-攻撃-防御-特攻-特防-素早さ
75-70-70-98-70-93
タイプほのお/ひこう
特性おどりこ

特攻と素早さが他の能力に比べて高いですが、突出して高いわけではありません。ただし、踊りの技が出たときに自分も使う特性「おどりこ」を持ち、うまく使えれば他のポケモンにはない戦い方ができます。

また、オスよりもメスの方が出現しやすいポケモンです。
(割合はオス:メス=1:3)

 

トロッゴン
種族値HP-攻撃-防御-特攻-特防-素早さ
80-60-90-60-70-50
タイプいわ/ほのお
特性じょうききかん
ほのおのからだ
(隠)もらいび

タンドンがレベル18で、トロッゴンに進化します。(タンドン時はいわタイプのみ)

進化後のセキタンザンよりも素早さが高いため、その点においてはセキタンザンに勝っています。

 

セキタンザン
種族値HP-攻撃-防御-特攻-特防-素早さ
110-80-120-80-90-30
タイプいわ/ほのお
特性じょうききかん
ほのおのからだ
(隠)もらいび

トロッゴンがレベル34でセキタンザンに進化します。耐久力が高く、物理型と特殊型のどちらでも育成できる種族値をしています。

素早さが低いですが、特性「じょうききかん」により、水もしくは炎タイプの技を受けると素早さが6段階上昇します。

みずタイプが4倍弱点ですが、新要素の「テラスタル」により、なんらかの単タイプに変化すれば4倍弱点がなくなるのでセキタンザンにとって追い風となる要素です。

 

タイトルとURLをコピーしました