【ハメ技】注意が必要な戦術【ポケモン剣盾】

対戦で使える知識
スポンサーリンク

ポケモン対戦では、戦術を知らないと一方的に相手に攻められ、負けがほぼ決まってしまうことがあります。

今回は、注意が必要な戦術をいくつか紹介します。

バインド状態+ほろびのうた

戦術の概要

ほろびのうたは、お互いの場のポケモンを3ターン後にひんしにする技です。交代すれば効果は解除されますが、うずしおほのおのうずで相手を交換できない状態(バインド状態)にすることで、確実に相手を倒す戦術です。

バインド状態ではない相手は交換できるので、こちらのポケモンだけがひんしになってしまいます。

3ターンをしのぐために、ダイビングなどの1ターン身を隠す技やまもるを覚えていることが多く、攻撃できるチャンスは少ないです。また、お互いがラスト1体になったときに勝てるように、素早さを下げている場合が多いです。

この戦術ができるポケモン

ほろびのうたとうずしおを両立

ルリリ

マリル

マリルリ

ラプラス

アシマリ

オシャマリ

アシレーヌ

ニョロトノ

サニゴーン
—– —– —–
ほろびのうたとほのおのうずを両立

ガラガラ
(アローラ)

チルタリス
—– —–

対策

とんぼがえりなどの交代技や、みがわりやこうそくスピンでバインド状態を解除する方法があります。

 

かげふみ+こだわりトリック

戦術の概要

かげふみは、相手を交代できなくする特性です。有利な相手や補助技主体のポケモンを逃げられなくした上で、こだわりメガネなどの技を固定する道具を渡して行動をロックする戦術です。

ロック後はめいそうなどの積み技を積みまくってアシストパワーなどで攻撃したり、回復技で体力で上回って時間切れまで粘る場合があります。

この戦術ができるポケモン

特性かげふみとトリックを両立

ゴチム

ゴチミル

ゴチルゼル
—–

対策

とんぼがえりなどの交代技や、ちょうはつで補助技を封じることが有効です。

 

いたずらごころ+まねっこ

戦術の概要

いたずらごころは、変化技を優先度+1で出せる特性です。また、ものまねは直前に使われた技を使うという変化技です。これにより、様々な技を先制で使うことができます。

1ターン身を隠して2ターン目に攻撃する技をものまねで出す戦術が有名です。

  1. 特性いたずらごころのポケモンにこうこうのしっぽを持たせておき、直前に他のポケモンでそらをとぶなどを使います。
  2. ものまねを使うと1ターン目は変化技として先制でき、2ターン目は通常の攻撃技として後攻(こうこうのしっぽの効果)で攻撃するため、相手から攻撃を受けずに戦うことができます。

特性ムラっけのオクタンと組むことで、よりこの戦術がやりやすくなります。

  1. 素早さの遅いオクタンにだっしゅつパックを持たせておき、後攻でダイビングを使います。
  2. ターン終了時にムラっけで能力が下がることによりだっしゅつパックが発動し、交代できます。
  3. こうこうのしっぽを持ったレパルダスやリオルを登場させ、先制でものまねを使うことで、先制で身を隠す→後攻で攻撃というパターンに入ります。

この戦術ができるポケモン

特性いたずらごころとまねっこを両立

リオル

チョロネコ

レパルダス
—–

対策

先制技が使えれば、相手はこうこうのしっぽを持っているので確実に先制でき、相手のループを止めることができます。まもるやダイウォールでも同様です。

 

ふくがん+ちょうのまい+ねむりごな

戦術の概要

ふくがんは、自身が使う技の命中率が1.3倍になる特性です。これにより、ねむりごなの命中率は75から98%にまで向上します。ぼうふうも命中率が70から91%まで上がるため、実用的なものになります。

ねむらせた後はちょうのまいで特攻・特防・素早さを上げたり、みがわりを使って攻撃を耐えられるようにしておき、ぼうふうで高威力の攻撃ができます。対策をしていないと、先制でねむり状態にされてしまい、なすすべがなくなってしまいます。

この戦術ができるポケモン


バタフリー

対策

みがわりが残った状態から先制でねむりごなをされても勝てるようにするには、催眠対策をしたうえで連続技でみがわりを壊しつつ攻撃したり、特性すりぬけや音の技でみがわりを無視して攻撃するという方法が考えられます。

特性はやてのつばさのファイアローであれば、こだわりハチマキを持っていれば、先制のダブルウイングでみがわりを壊しつつバタフリーを倒すことができます。

また、ねむりごな対策として、特性ぼうじんが有効です。

 

ばけのかわ+のろい+みがわり

戦術の概要

特性ばけのかわで攻撃を耐え、のろいで毎ターンダメージを与え、みがわりでターンを稼ぎ、いたみわけでHPを回復するという戦術で、ミミッキュよりも遅いポケモンに対しては圧倒的に有利に動くことができます。

イバンのみを持たせて、体力が減った時に先制でのろいやでんじはなどを使って後続を有利にする戦い方もあります。

この戦術ができるポケモン


ミミッキュ

対策

みがわりに対する一般的な対策が有効です。ちょうはつで封じたり、連続技でみがわりやばけのかわごと攻撃してダメージを与えることができます。音の技も有効ですね。

タイトルとURLをコピーしました