【ゲームポケモン】種族値について解説

全般データ
スポンサーリンク

ポケモンにはステータスを決める要素として、種族値・個体値努力値が存在します。これらは公式用語ではありませんが、プレイヤーの間には広く浸透しています。

ここでは、種族値について解説します。

ステータスについて

ステータスの略称

種族値の解説の前に、ステータスについて簡単に説明します。ポケモンのステータスは、HP・攻撃・防御・特攻・特防・素早さの6つがあります。

それぞれのステータスは、アルファベットを使って以下のように表されることが多いです。

HP (H)ヒットポイント。0になるとひんしになる。
攻撃(A)自分から相手への、物理技のダメージに影響
防御(B)相手から自分への、物理技のダメージに影響
特攻(C)自分から相手への、特殊技のダメージに影響
特防(D)相手から自分への、特殊技のダメージに影響
素早さ(S)数値が高い方が先攻となる

 

ステータスの計算方法

ポケモンのステータスの計算式は、以下のようになっています。

  • HP
    {(種族値×2+個体値+努力値/4)×レベル/100}+10+レベル
  • HP以外
    [{(種族値×2+個体値+努力値/4)×レベル/100}+5]×性格補正(1.1 or 1.0 or 0.9)

ここで出てくるのが、種族値・個体値・努力値です。

性格補正についてはこちら

 

種族値とは?

「種族値」とは、ポケモンの種類ごとに決まった強さのことです。ポケモンの種類によってHP・攻撃・防御・特攻・特防・素早さの種族値が決まっています。

例えば、リザードンの種族値は、以下のようになっています。

リザードン種族値
HP78
攻撃84
防御78
特攻109
特防85
素早さ100
合計534

簡単に言うと、リザードンの種族値は攻撃より特攻のほうが高いため、物理技より特殊技を使って攻撃する方が威力が大きくなります。

 

○○族について

単純に言えば、種族値合計が大きいと、強いポケモンと考えることができます。

リザードンの種族値の合計は534ですが、バンギラスやサザンドラなどは合計が600もあります。このように種族値の合計が600のポケモンたちは600族と呼ばれ、対戦でも強力なポケモンとなっています。

また、リザードンのように、素早さ種族値が100のポケモンをまとめて100族と呼んだり、1つの種族値が同じポケモンたちを○○族と呼ぶこともあります。

タイトルとURLをコピーしました