PR

性格と上がる能力・下がる能力の関係【ポケモンSV】

スカーレット・バイオレット
スポンサーリンク

ポケモンは個体によってさまざまな性格を持っており、育成において重要な要素の1つとなっています。

今回は、ポケモンの性格について解説します。

ポケモンの性格とは

概要

  • すべてのポケモンには「性格」があり、全部で25種類存在します。
  • 性格は、ポケモンと出会った時やポケモンの「タマゴ」を手に入れた時に、ランダムに決まります。
  • それぞれの性格によって、ステータスに違いが生じます
  • HPには影響しません。

 

性格による変化

能力の上昇・下降

性格によって、ステータスに上昇補正や下降補正がかかります。その倍率は、上昇は1.1倍下降は0.9倍です。

例えば、「いじっぱり」な性格のポケモンは、「がんばりや」な性格の同じポケモンに比べて、攻撃のステータスが1.1倍、特攻のステータスが0.9倍になります。

「てれや」「がんばりや」「すなお」「きまぐれ」「まじめ」は能力の変化はありません。

ステータス画面では、上がる能力は赤字で、下がる能力は青字で示されています。

「きのみ」による効果

「フィラのみ」「ウイのみ」「マゴのみ」「バンジのみ」「イアのみ」という、HPが最大の1/4になった時に発動して、HPを最大の1/3回復するきのみがあります。

これらはポケモンの性格によって好き嫌いがあり、嫌いな味の場合、食べた時に「こんらん」状態になってしまいます。(回復はします)

 

「○○ミント」でステータス補正を変更

  • 各性格の名前の付いた「○○ミント」を使用すると、ポケモンの性格はそのままで、能力の上がり方を変更できます。「ようきミント」を使用すれば、「ようき」と同じ能力の上がり方になります。(ステータス画面に表示される性格は元のまま)
  • 『スカーレット・バイオレット』では、「ラッキーズ」で20000円で購入できるほか、テラレイドバトル(★5以上)や学校最強大会の報酬としても入手できます。
  • 『ソード・シールド』では、バトルタワーで50BPと交換可能です。
  • 『ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』では、バトルパークで50BPと交換可能です。
スポンサーリンク

性格の厳選

以下の2通りの方法で、性格を厳選することができます。

「かわらずのいし」で遺伝する

タマゴで孵化した場合は、親となるポケモンが「かわらずのいし」という道具を持っていると、親の性格が100%遺伝します。

あらかじめ欲しい性格のメタモンを用意しておき、「かわらずのいし」を持たせてタマゴを作ることで、欲しいポケモンの性格の厳選を行うことができます。

なお、「ミント」によって変わるのは「性格」ではなく「ステータス補正」であるため、遺伝するのは元の性格であることに注意が必要です。

 

「シンクロ」で厳選する(SVでは不可)

手持ちの先頭のポケモンが特性「シンクロ」だと、出現した野生のポケモンが、こちらが戦闘に出したポケモンと同じになります。

ひんし状態でもシンクロの効果はあるので、1番目をひんし状態の希望の性格のシンクロポケモンにしておき、2番目に捕獲用のポケモンという順番にしておけば、狙った性格のポケモンを捕まえやすくなります。

ただし、『スカーレット・バイオレット』にはシンクロで性格が同じになる仕様はありません

タイトルとURLをコピーしました