【ポケモン剣盾】「ほえる」「ふきとばし」は防げない?

ソード・シールド
スポンサーリンク

ポケモンを強制的に交代させる技に、「ほえる」や「ふきとばし」があります。相手にこの技をされると、自分の戦略がくるわされてしまうため、非常に厄介です。

今回は強制交代技について、解説します。

強制交代技の種類

ほえる

ほえる
分類 へんか
タイプ ノーマル
PP 20
命中
対象 相手1体
効果 必ず後攻になり(優先度:-6)、
相手のポケモンを交代させる。

自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中します。

相手のまもる、みきり、トーチカ、ニードルガード、ブロッキングの効果を受けません。

ただし、音系の技であり、特性ぼうおんの相手には無効です。

また、ダイマックスしている相手には無効になります。

ダイマックスした場合

ほえるをダイマックスして使う場合、ダイウォールという技になり、相手の攻撃を防ぎます。

ほえるを覚えるポケモン

ソード・シールドで、ほえるを覚えるポケモンは、以下の通りです。

ふきとばし

ふきとばし
分類 へんか
タイプ ノーマル
PP 20
命中
対象 相手1体
効果 必ず後攻になり(優先度:-6)、
相手のポケモンを交代させる。

自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中します。

相手のまもる、みきり、トーチカ、ニードルガード、ブロッキングの効果を受けません。

ただし、ダイマックスしている相手には無効になります。

ダイマックスした場合

ふきとばしをダイマックスして使う場合、ダイウォールという技になり、相手の攻撃を防ぎます。

ふきとばしを覚えるポケモン

ソード・シールドで、ふきとばしを覚えるポケモンは、以下の通りです。

ともえなげ

ともえなげ
分類 ぶつり
タイプ かくとう
威力 60
PP 10
命中 90
対象 相手1体
効果 必ず後攻になり(優先度:-6)、
相手のポケモンを強制的に交代させる。

ほえる、ふきとばしとは異なり、攻撃技のため、まもる等で防がれます。

ダイマックスしている相手には、追加効果のみ無効になります。

ダイマックスした場合

ともえなげをダイマックスして使う場合、威力80ダイナックルという技になり、味方の攻撃を1段階上げる追加効果を持ちます。

ともえなげを覚えるポケモン

ソード・シールドで、ともえなげを覚えるポケモンは、以下の通りです。

ドラゴンテール

ドラゴンテール
分類 ぶつり
タイプ ドラゴン
威力 60
PP 10
命中 90
対象 相手1体
効果 必ず後攻になり(優先度:-6)、
相手のポケモンを強制的に交代させる。

ほえる、ふきとばしとは異なり、攻撃技のため、まもる等で防がれます。

ダイマックスしている相手には、追加効果のみ無効になります。

ダイマックスした場合

ドラゴンテールをダイマックスして使う場合、威力110ダイドラグーンという技になり、相手の攻撃を1段階下げる追加効果を持ちます。

ドラゴンテールを覚えるポケモン

ソード・シールドでドラゴンテールを覚えるポケモンは、以下の通りです。

効果の順番

これらの強制交代技は、優先度が-6であり、ほとんどの場合、後攻になります。ただし、お互いにこれらの技を選択した場合は、素早さの高い方の技が、先に発動します。

また、トリックルーム(優先度:-7)よりも先に発動します。

優先度についてくわしくはこちら

【ポケモン剣盾】行動順は素早さだけじゃない?【優先度】
ポケモン対戦で技を出す順番は、基本的に素早さ順ですが、素早さに関係なく、先制したり後攻になったりする場合があります。これは、なぜでしょうか。 今回は、技を出す順番について、解説します。 技を出す順番について 結論から言うと、技を出す順...

戦術・使い方

  • 相手が積み技を使ったときに使うのが効果的です。
    • ステルスロックと組み合わせて、ダメージ蓄積を狙うことも可能です。

    ほえる・ふきとばしの対策

    特性で対策

    ぼうおん

    特性ぼうおんのポケモンは、相手からの音系の技を受けません。このため、ほえるを無効化することができます。(ふきとばし、ともえなげ、ドラゴンテールは防げません)

    マジックミラー

    相手から受ける変化技を跳ね返す特性で、ほえる・ふきとばしを跳ね返すことができます。

    ただし、ドラゴンテールは跳ね返すことができません。

    きゅうばん

    特性きゅうばんのポケモンは、相手からの強制交代技の効果を受けません。

    技で対策

    ちょうはつ

    ちょうはつで変化技を封じてしまうのが、汎用的で使いやすい対策です。ただしほえる、ふきとばしには有用ですが、ともえなげ、ドラゴンテールを防ぐことはできません。

    この技を覚えるポケモン:オーロンゲギャラドスなど多数

    あなをほる・ダイビングなど

    あなをほる・ダイビング・そらをとぶ・ゴーストダイブで、姿を隠している間は、ほえる等を受けることはありません。

    じごくづき

    じごくづきを受けたポケモンは、2ターンの間、音系の技を使えなくなります。このため、ほえるを封じることができます。(ふきとばし、ともえなげ、ドラゴンテールは防げません)

    ねをはる

    自分は交代できなくなり、毎ターンHPを最大の1/16回復する技です。相手からも強制交代技の効果を受けません。

    この技を覚えるポケモン:フシギバナナットレイなど

    マジックコート

    相手から受ける変化技を無効化し、相手にその技を使い返す技です。ともえなげ、ドラゴンテールは跳ね返すことができません。

    この技を覚えるポケモン:ムシャーナイオルブなど

        おわりに

        カバルドンのステルスロック+ふきとばしをどうにか対策したくて、今回の記事を書きました。私自身としては、記事をまとめることで、この技の理解が深まったと思います。

        今後も新たな対策が見つかれば、追記していきたいと思います。

        タイトルとURLをコピーしました