【ポケモン剣盾】炎統一ランクバトル29・おきみやげキュウコン

ソード・シールド
スポンサーリンク

ランクバトル、シーズン10が始まりました。

今シーズンから、使用率上位のポケモンたちが使用不可となりました。その影響でパッチラゴンアシレーヌなど、苦手なポケモンが増えることになりました。炎ポケモンでは、エースバーン、コータス、ガオガエンが使えなくなっています。

シーズン10のルール

開催期間は、2020/9/1(火)13:00~10/1(木)8:59です。

対戦時間は、次の通りです。

  • 総合時間:20分
  • 持ち時間:7分
  • 対戦に出すポケモンを選ぶ時間:90秒
  • 1ターンあたりの選択時間:45秒

以下のポケモンが使用できなくなっています。


フシギバナ

ギャラドス

ポリゴン2

バンギラス

コータス 

カバルドン

ジバコイル

トゲキッス

ドリュウズ

エルフーン

ガオガエン

ミミッキュ

ゴリランダー

エースバーン

イエッサン

ドラパルト

上記以外では、すべてのキョダイマックスポケモンが使用可能です。また、過去作のポケモンでも、レギュレーションマークをつけることで、ソード・シールドで使用可能になります。

レギュレーションマークについてくわしくはこちら

【ポケモン剣盾】ランクバトルシリーズ5のルール
エキスパンションパス・鎧の孤島が発売され、ソード・シールドに新たなポケモンが追加されました。そのポケモンたちが、来シーズンのランクバトルで使用可能になります! 今回は、ソード・シールドのランクバトル、シリーズ5のルールについて紹介します。...

育成したポケモン

キュウコン

性格:おくびょう
特性:ひでり
努力値:C252 B6 S252
持ち物:あついいわ
技:ソーラービーム、でんこうせっか、おきみやげ、オーバーヒート

自力で晴れにでき、炎技を1.5倍の威力で使えます。ソーラービームも溜めなしで使えるのは利点です。

特性

コータスに替わる日照り要員。雨状態や砂状態でも、特性で晴れにしてからおきみやげで退場できるのがコータスとの差別点です。

素早さ

実数値167で、最速100族と同速。天候系の特性持ちで最も素早いです。

キュウコンの育成論はこちら。

【ポケモン剣盾】キュウコン(原種)の育成論
九本の尾を持つポケモン、キュウコン。 その美しい見た目からファンも多く、対戦で使いたい人も多いと思います。 今回は、原種キュウコンの種族値・特性・技・育成論を紹介します。 キュウコン(原種)の基本情報 タイプ1 ...

リザードン

性格:おくびょう
特性:サンパワー
努力値:B6 C252 S252
持ち物:いのちのたま
技:ぼうふう、りゅうのはどう、ソーラービーム、ブラストバーン

キュウコンの晴れからつないで、ダイマックスで暴れることを前提にしています。

サンパワー状態のダイドラグーン(りゅうのはどう)で、パッチラゴンやウオノラゴンに致命傷を与えられます。

特性

晴れ状態で特攻が1.5倍になるサンパワーです。いのちのたまと合わせてHPがガンガン減っていくので、なるべくダメージを受けずに相手を倒したいです。

素早さ

実数値167で、最速100族と同速です。

リザードンの育成論はこちら。

【ポケモン剣盾】リザードンの育成論
初代から変わらぬ人気を保ち続けるポケモン、リザードン。 前作ではメガシンカ2種、今作ではキョダイマックスを獲得し、さらに強さを増しました。 今回は、リザードンの種族値・特性・技・育成論を紹介します。 リザードンの基本情報 ...

使用パーティ

上記のキュウコン、リザードンと、ステルスロックセキタンザン、ハチマキファイアロー、タスキラビフット、とつげきチョッキシャンデラの6匹で対戦しました。

戦った感想

上位ポケモンがいなくなったことで激増したパッチラゴン。タスキカウンター以外の対処法として、サンパワーリザードンを使いました。キュウコンでおきみやげを使うことで、相手のダイジェットを受ける前にリザードンに繋げ、に戦うことができました。

対戦結果

通算成績は10勝6敗。勝率は62.5%。

マスターボール級に上がって、現在の順位は、18233位。(9月7日時点)

意外にスムーズにいけてるかも?また次回!

前回の記事はこちら

【ポケモン剣盾】炎統一ランクバトル28・シーズン9終了
ランクバトル、シーズン9が終了しました! 前回の反省を活かして戦ったはずが、思うような結果にはなりませんでした…。今期、炎統一で戦った結果をまとめました。 使用パーティ パーティ変更と敗北を繰り返す中で、最終的にはこの6匹になりました...
タイトルとURLをコピーしました