PR

【シーズン1】炎統一ダブルバトル【ポケモンSV】

スカーレット・バイオレット
スポンサーリンク

ポケモン対戦では、2対2で戦うダブルバトルという形式があります。

今回は、スカーレット・バイオレットで、
ダブルバトルで炎統一パーティを使って戦った結果をまとめました。

シングルでの結果はこちら

パーティ紹介

高火力のほのお技で戦えるように、トリックルームを利用して戦うパーティを組みました。

スコヴィラン

性格:むじゃき (素早さ↑特防↓)
特性:ようりょくそ
テラスタイプ:でんき
努力値:H6 C252 S252
持ち物:きあいのタスキ
技:いかりのこな/てだすけ/テラバースト/リーフストーム

  • グレンアルマと共に先発し、いかりのこなで相手の攻撃を自分に集中させ、グレンアルマのトリックルーム発動をサポートします。
  • テラバースト[電]はペリッパー対策です。
グレンアルマ

性格:れいせい (特攻↑素早さ↓)
特性:もらいび
テラスタイプ:ほのお
努力値:H244 B14 C252
持ち物:おんみつマント
技:ねっぷう/サイコフィールド/トリックルーム/ワイドフォース

  • 先発で出し、トリックルームを展開します。余裕があればサイコフィールドも張り、しんそくやアクアジェットを受けないようにしておきます。
  • 持ち物おんみつマントは、「ねこだまし」や「いわなだれ」のひるみを防ぐことができます。
コータス

性格:れいせい (特攻↑素早さ↓)
特性:ひでり
テラスタイプ:ほのお
努力値:H252 B6 C252
持ち物:もくたん
技:ふんか/ふんえん/にほんばれ/ソーラービーム

  • トリックルーム後に登場し、晴れふんかで大ダメージを狙います。グレンアルマが生き残って入れば、ふんえんでグレンアルマの特性発動も狙えます。
  • 天気を変えられた場合に備え、にほんばれを採用しています。
バクーダ

性格:れいせい (特攻↑素早さ↓)
特性:ひでり
テラスタイプ:ほのお
努力値:H252 B6 C252
持ち物:こだわりメガネ
技:ふんか/ふんえん/だいちのちから/ソーラービーム

  • コータスとほぼ同じ型。2体でふんかを撃てば、半減や特殊受け相手でもほとんどの相手は耐えられません。
ブースター

性格:ゆうかん (攻撃↑素早さ↓)
特性:もらいび
テラスタイプ:ノーマル
努力値:H244 A252 B14
持ち物:いのちのたま
技:フレアドライブ/てだすけ/でんこうせっか/ギガインパクト

  • シングルではあまり強力ではありませんが、ダブルではもらいび発動からのフレアドライブが強そうだと思い、物理アタッカー枠として採用しました。
  • 上の4体だけを選出していたため、ブースターが試合に出ることはありませんでした…。
ファイアロー

性格:ようき (素早さ↑特攻↓)
特性:はやてのつばさ
テラスタイプ:ひこう
努力値:C252 S252 D6
持ち物:メンタルハーブ
技:ブレイブバード/フェイント/おいかぜ/ファストガード

  • フェイントやファストガードで味方のサポート要員として育成しました。
  • ブースターと同じく、上の4体だけを選出していたため、ファイアローが試合に出ることはありませんでした…。

 

苦戦した相手

シャリタツ&ヘイラッシャ

2体で場に並ぶとシャリタツがヘイラッシャの口に入り、ヘイラッシャの全能力が2段階アップします。一撃で倒せなくなるため、非常に厄介でした。

コータスとバクーダのソーラービーム2発なら倒せますが、その後シャリタツが無傷で出てくるので安心できません。

このコンビには勝てないことが多かったです。

じめんガブリアス

じめんタイプにテラスタルするガブリアスだと、じしんでグレンアルマが一撃で倒されてしまい、トリックルームを発動できず負けてしまいます。

対策としては、ガブリアスはじめんテラスタルだと決めつけて、スコヴィランでリーフストームを撃つことにしました。グレンアルマはコータスに交代し、晴れにしてスコヴィランの「ようりょくそ」を発動させます。

ワイドガード

ポケモンではなく技ですが、こちらの攻撃がほとんど全体攻撃であるため、ワイドガード持ちの相手にはほぼ勝てません。

ワイドガードは「まもる」と違い、連発しても失敗しないので、片方にワイドガードをされているだけでこちらの攻撃が封じられてしまいます。

 

対戦結果

最終順位は、36992位でした。なんとかマスターボール級に上がることができました!

晴れ状態でのダブルふんかで相手を倒す光景が見たくてこのパーティを組みましたが、何度も高火力の攻撃が見られてよかったです。

得意な相手と苦手な相手がはっきりしており、マッチング運に左右されるパーティではありますが、やりたいことができたときの面白さは格別でした。また、ダブルバトルならではの戦術をたくさん見ることができ、とても面白かったです。

タイトルとURLをコピーしました