PR

メタモンの素早さは低い方がいい?【ポケモンSV】

スカーレット・バイオレット
スポンサーリンク

相手と同じ姿、能力に変身できるメタモン。

今回は、メタモンの素早さ個体値について解説します。

メタモンについて

基本データ

タイプ
ノーマル
HP攻撃防御特攻特防素早備考


484848484848合計
288



155110110110110110
100100100100100

1236868686868最遅47
特性効果
じゅうなんまひ状態にならない。
かわりもの
(隠れ特性)
場に出たときに、
相手のポケモンにへんしんする。

ランクバトルで使用されるメタモンの特性は、ほぼ100%「かわりもの」です。また、へんしん後に相手より早く行動できるように、「こだわりスカーフ」を持たせる場合が大半です。

 

素早さ個体値は0がいい?

個体値とは

個体値はポケモンの個体ごとに決まっている数値で、HP・攻撃・防御・特攻・特防・素早さの各能力に対して0~31の32通りあります。数字が大きいほど、ステータスが高くなります。

ステータス画面では、「さいこう」や「まあまあ」などで表示されます。

コメント個体値
さいこう31
すばらしい30
すごくいい26〜29
かなりいい16〜25
まあまあ1〜15
ダメかも0

 

メタモンの素早さ

メタモンの特性「かわりもの」は、場に出たときに発動しますが、他にも場に出たときに発動する特性はいくつかあります。

例えば特性「いかく」のポケモンと同時に対面した場合、素早さの高い方から特性が発動します

この場合、メタモンの方が素早さが高ければ、「かわりもの」で相手にへんしんした後に、「いかく」を受けて攻撃が下がります。

逆に、相手の素早さが高い場合は、「いかく」を受けてから「かわりもの」が発動します。この場合はへんしん時に相手の能力で上書きされるため、相手から受けた「いかく」による攻撃ダウンは無くなり無くなります。

このため、メタモンの素早さは低い方(個体値0性格下降補正)がいいと言えます。

HPはへんしんでもコピーされないので、HPは最高(個体値31)がベストです。

性格補正についてはこちら

 

実際の対戦時には

メタモンにこだわりスカーフを持たせた場合を考えます。無振り(素早さ個体値31)スカーフメタモンの実数値は102、最遅スカーフメタモンの実数値は70です。

素早さがこの間で、そこそこの使用率がある特性「いかく」のポケモンは、無振りギャラドス(101)や最遅ランドロス(86)、無振りガオガエン(80)などがいます。

これらのポケモンと同じタイミングで場に出た場合を考えると、最遅にしておくことで、「いかく」の影響を無視して相手にへんしんすることができます。

タイトルとURLをコピーしました