ちいさくなる状態の相手にダメージ2倍になる技【ポケモン剣盾】

データ(対戦面)
スポンサーリンク

回避つを上げる技、ちいさくなる。攻撃が当たりにくくなる厄介な技ですが、この技を使った相手に有利になる技もあります。

今回は、ちいさくなる状態の相手に有利な技について紹介します。

ちいさくなるの概要

ちいさくなる
分類 へんか
タイプ ノーマル
PP 10
命中
対象 自分
効果 自分の回避率を
2段階アップする。
  • ちいさくなるを使うと、自身の回避率が2段階上がります。これは、命中100の技が60%になるほどです、最大の6段階上がると、命中100の技が33%にまで下がります。
  • 「ちいさくなる」状態になり、相手から受ける特定の技が必中になり、2倍のダメージを受けるようになります。

「ちいさくなる」状態について

「ちいさくなる」状態に影響する技

ちいさくなる状態では、以下の技を受けるとき必中となり、通常の2倍のダメージを受けます。

技名
[タイプ]
威力 ダイ
その他の効果
命中 PP
ドラゴンダイブ
[ドラゴン]
100 130 2割で相手をひるみ。
75 10
のしかかり
[ノーマル]
85 130 3割で相手をまひ。
100 15
ヒートスタンプ
[ほのお]
130 相手の重さが自分の1/5以下なら威力120、
1/4以下なら100、1/3以下なら80、
1/2以下なら60、それより大きければ40。
100 10
ふみつけ
[ノーマル]
65 120 3割で相手をひるみ。
100 20
フライングプレス
[かくとう]
100 90 この技は格闘タイプと
飛行タイプの両方をもつ。
95 10
ヘビーボンバー
[はがね]
130 相手の重さが自分の1/5以下なら威力120、
1/4以下なら100、1/3以下なら80、
1/2以下なら60、それより大きければ40。
100 10

※ダイはダイマックス時の威力

ダイマックス技として使うと、威力アップの効果は無くなります。

「ちいさくなる」状態の解除方法

交代

味方と交代すると、ちいさくなる状態は解除されます。

バトンタッチで交代した場合は、回避率ランクの上昇分は引き継がれますが、ちいさくなる状態は引き継がれません

ダイマックス

ダイマックスした場合、ちいさくなる状態は解除され、上で紹介した技で受けるダメージは通常通りとなります。ダイマックスが終わっても、ちいさくなる状態は解除されたままです。

ちいさくなる状態が解除されても、回避率ランクの上昇分は解除されません。

ちいさくなるを使う代表的なポケモン

フワライド

ちいさくなる+バトンタッチが使えます。回避率を上げて味方のエースポケモンに交代することで、突破力を上げるサポートができます。

ラッキー

しんかのきせきを持つことで高耐久を得られるラッキー。ちいさくなるで回避率を上げることで技を受ける機会を減らし、ラッキー側からはちきゅうなげの定数ダメージで攻撃して倒すという戦術があります。

タイトルとURLをコピーしました