PR

ほのおのからだはタマゴ状態でも効果がある!【ポケモンSV】

スカーレット・バイオレット
スポンサーリンク

タマゴが早く孵化する特性「ほのおのからだ」。

今回は、ほのおのからだの効果についてくわしく調べました。

ほのおのからだの効果

タマゴの孵化歩数半減

『スカーレット・バイオレット』ではピクニックでタマゴが見つかることがあります。

タマゴは手持ちに入れて歩き回ることで孵化しますが、手持ちに特性「ほのおのからだ」のポケモンがいると、タマゴが孵化するのに必要な歩数が半減します。

同様の効果を持つ特性に「じょうききかん」と「マグマのよろい」があります。

『スカーレット・バイオレット』でそれぞれの特性を持つポケモンは次の通りです。
(隠)は隠れ特性。

ほのおのからだじょうききかんマグマのよろい
ファイヤー(隠)
ヒードラン(隠)
メラルバ
ウルガモス
ヒノヤコマ
ファイアロー
トロッゴン
セキタンザン
カルボウ(隠)
タンドン
トロッゴン
セキタンザン
 
 
 
 
 
 
バクーダ
 
 
 
 
 
 
 
 
ほのおのからだ

相手が直接攻撃してきた場合、3割の確率で相手をやけど状態にします。

じょうききかん

みずタイプ・ほのおタイプの技を受けると素早さが6段階アップします。

マグマのよろい

こおり状態になりません。

 

タマゴ状態でも効果はある?

「ほのおのからだ」はタマゴの状態でも効果があるか調べるため、以下の方法で検証を行いました。

検証

準備

隠れ特性「むしのしらせ」のウルガモスとメタモンを親にしたタマゴを20個用意します。

また、タマゴ以外の手持ちポケモンは孵化に関係のない特性とします。

 

タマゴを1つずつ孵化

メラルバのタマゴ1つを手持ちに入れ、ライドのダッシュ状態で走り回ったところ、孵化する時間が約1分半のものと約3分のものが存在しました。

これらのポケモンの特性を調べると、
1分半で孵化したものはすべて「ほのおのからだ」であり、3分で孵化したものはすべて「むしのしらせ」でした。

このことから、「ほのおのからだ」は自分自身にも孵化歩数半減の効果があると考えられます。

正確にはタマゴは時間経過ではなく歩数によって孵化しますが、ここでは移動時間と孵化歩数を同等のものとして扱います。

 

タマゴをまとめて孵化

次に、メラルバのタマゴ5個を手持ちに入れて同様に走り回りました。残りの1匹は孵化に影響を及ぼさないポケモンです。

このときは約1.5分で1つ目のタマゴが孵化し、その後は数歩移動するごとにタマゴが孵化していきました。

孵化したメラルバの中には「ほのおのからだ」の個体と「むしのしらせ」の個体が混在していたことから、「ほのおのからだ」はタマゴ状態でも他のタマゴに効果を及ぼすと考えられます。

 

他のソフトでは

『ソード・シールド』でヒトモシを1匹ずつ孵化した結果、こちらでは「もらいび」でも「ほのおのからだ」でも、同じ歩数で孵化しました。

また、『ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』では、隠れ特性「ほのおのからだ」のポニータで検証し、「もらいび」でも「ほのおのからだ」でも同じ歩数で孵化することを確認しました。

 

結論

検証結果から、以下の結論が得られました。

  1. 特性「ほのおのからだ」は、この特性を持つポケモン自身にも効果があり、自身の孵化歩数を半減する。
  2. 特性「ほのおのからだ」は、この特性のポケモンがタマゴの状態でも、他のタマゴの孵化歩数を半減させる効果がある。
  3. 上記の1、2は『ソード・シールド』や『ブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール』では効果がない。(第7世代以前は未確認)

また、タンドンでも同様の検証を行い、「じょうききかん」の方が「たいねつ」よりも早く孵化したので、「じょうききかん」も同じ効果があると考えられます。

 

なんの役に立つ?

正直、特に役に立つことはありません。

「ほのおのからだ」のポケモンを孵化するとき、タマゴ以外の手持ちの特性がなんでも構わないというぐらいです。

ただし、タマゴで孵化するポケモンで特性が確実に「ほのおのからだ」と言えるものは、メラルバしかいません。(タンドンも「じょうききかん」か「たいねつ」の2通りの可能性があります)

タイトルとURLをコピーしました