「みちづれ」はダイマックスに効く?「みちづれ」の解説【ポケモン剣盾】

データ(対戦面)
スポンサーリンク

自分と相手を同時にひんしにする技、みちづれ。この技はダイマックス相手にも通用するのでしょうか?

今回は、みちづれについて解説します

みちづれについて

みちづれの概要

みちづれ
分類 へんか
タイプ ゴースト
PP 5
命中
対象 自分
効果 次の自分のターンまでに、
相手の攻撃でひんしになると、
相手もひんしになる。
  • この技を使うと「みちづれ状態」になり、相手から攻撃技を受けて戦闘不能になると、その相手も戦闘不能にします。
  • 次に自分が行動するまで効果が続くので、後攻で使った時は、次のターンの相手の攻撃に対しても効果があります。
  • ダメージを与える効果ではなく、「ひんしにする」という効果です。さらに、
    • きあいのタスキきあいのハチマキを持っていてもひんしにします。
    • 特性がんじょうマジックガードを無視してひんしにします。
  • はたきおとす、こうそくスピンを受けて相手をみちづれにした場合、これらの技の効果は発動しません。
ちなみに、自分のHP分のダメージを相手に与える「いのちがけ」に対しては、相手の「きあいのタスキ」は発動します。

失敗するとき

  • 連続で使用すると、失敗します。ただし失敗した次のターンに使うみちづれは、成功します。
    • 1回目のみちづれ使用後、まひひるみメロメロなどで行動できなかった場合、次に使うみちづれは失敗します
  • ダイマックス状態のポケモンは、みちづれの効果ではひんしになりません
    • みちづれ自体は発動しますが、ダイマックス状態ではその効果を受けません。
  • 技「まねっこ」で使うことができません。

みがわりに対しては成功する

相手がみがわり状態のときにみちづれを使った場合でも、みちづれの効果は発動します。

自分が相手の攻撃でひんしになると、相手がみがわり状態でもひんしにすることができます

勝敗の判定

みちづれによってお互いが全滅した時は、みちづれを使った側の負けになります。

タイトルとURLをコピーしました