色違いが出る確率を上げるには【ダイパリメイク】

BDSP
スポンサーリンク

ゲームを進めていると、まれに、通常とは異なる色のポケモンと出会うことがあります。色違いのポケモンの入手確率を上げる方法はあるのでしょうか。

今回はブリリアントダイヤモンド・シャイニングパール(BDSP)で、色違いが出る確率について解説します。

ソード・シールドの色違いについてはこちら

色違いに出会う確率

野生で出たり、タマゴから生まれたりしたときに通常と異なる色のときがあります。これを色違いと呼び、色違いが出現する確率は1/4096です。

「とくせいカプセル」や「ミント」、「おうかん」など、捕まえた後に能力を変化させるものは色々ありますが、後から「色違い」にする方法はありません。

 

色違いの確率をアップさせる方法

野生・孵化ともに確率アップ

全国図鑑完成後にもらえる「ひかるおまもり」があれば、色違いの確率がアップします。

確率増加 色違いの出現確率
通常 1/4096
ひかるおまもり +2 3/4096 ≒ 1/1365

バッグに入っているだけで効果があるので、ポケモンに持たせたりする必要はありません。また、この後で紹介する方法と合わせて、さらに確率を上げることができます。

「ひかるおまもり」は、リッシ湖のほとりにあるホテルにいる、ゲームディレクターからもらえます。

タマゴ孵化のみ確率アップ

親同士が異なる国のポケモンだと、色違いの確率がアップします。これを国際孵化と呼びます。

確率増加 色違いの出現確率
通常 1/4096
国際孵化 +5 6/4096 ≒ 1/683

「ひかるおまもり」を持っていれば、最高で1/512まで確率を上げることができます。
((通常(1)+お守り(+2)+国際孵化(+5))/4096 = 8/4096 = 1/512)

 

野生のみ確率アップ

ポケトレを連鎖すると、色違いの確率がアップしていきます。

色違い確率は連鎖するたび徐々に増えていき、40連鎖で最大の1/99になります。以降は連鎖しても色違いの確率は変わりません。

ポケトレで色違いポケモンが出現するとき、草むらがキラキラ光ります。

 

通常色との違いは?

色違いのポケモンは、通常のポケモンとステータスに違いはありません。

フィールドやふれあい広場で連れ歩きをしたときには、色が違うのがわかります。

タイトルとURLをコピーしました