ビックリヘッドは無効になってもHPが減る?【ポケモン剣盾】

ソード・シールド
スポンサーリンク

ズガドーンの専用技、ビックリヘッド。威力はとても大きいですが、使った時に自身のHPが減るというデメリットがあります。

今回は、ビックリヘッドが無効になった場合の処理と、自分のHPが0になった場合の勝敗について解説します。

ビックリヘッドについて

ビックリヘッドの概要

ビックリヘッド
分類 特殊
タイプ ほのお
PP 5
威力 150
命中 100
対象 相手1体(ダブルでは味方も含む全体)
効果 技を使った後、自身の最大HPの半分、
自身のHPが減る。

      使った時に減るHPは、小数点以下は切り上げで計算されます。そのため、HPが奇数であっても、HP満タン状態から技を撃てる回数は2回となります。

      特性しめりけのポケモンが場にいると、技が発動されません。

      特性マジックガードの場合は、反動ダメージを受けません。ズガドーンの特性はビーストブーストなので、スキルスワップでマジックガードに変える必要があります。

      技が相手に当たらないときは?

      技が相手に当たらなかった場合を考えてみます。具体的には、

      • 技が外れたとき
      • 「まもる」で防がれた時
      • 「みがわり」を攻撃したとき
      • 特性「ばけのかわ」で防がれた時
      • 特性「もらいび」で無効化された時
      • 相手が場にいないとき

      これらのいずれの場合でも、ビックリヘッドを使ったら必ずHPが減ります。フレアドライブなどの反動技は、技が当たらなかったときは体力は減りませんが、ビックリヘッドに関しては処理が違います。

      だいばくはつじばくミストバーストてっていこうせんといった技も、ビックリヘッドと同様の処理をします。

      勝敗の判定

      この技によってお互いのHPが0になった場合、技の使用者が倒れたのち、相手が倒れます。この反動と攻撃によってお互いのポケモンが全滅した場合は、技の使用者側の負けとなります。

      タイトルとURLをコピーしました